個性派揃いの富山グラウジーズを新たに率いる浜口炎「目に見えない力、エネルギー、チームワークが大事」

個性派揃いの富山グラウジーズを新たに率いる浜口炎「目に見えない力、エネルギー、チームワークが大事」

2020/07/30

浜口炎

エース宇都に「もう一回彼をプッシュして代表選手に」と期待

富山グラウジーズの新たなヘッドコーチに就任した浜口炎が、7月29日に就任会見を行った。

富山はもともと日本人エースの宇都直輝、昨シーズンの新人王に輝いた前田悟を筆頭に、個人能力に長けた選手を擁するチーム。しかし、今オフには『超』が付くほどの積極補強に出てチームを刷新。岡田侑大、橋本晃佑、ジュリアン・マブンガと各ポジションでリーグトップクラスの実力者を獲得した。

浜口ヘッドコーチもこれから率いるチームの印象を「まずは個人能力、特にオフェンス能力」と語る。

「リーグでもトップクラスの個人能力があり、サイズとアスリート能力は素晴らしい。これから1対1だけでなく2対2、3対3、5対5の連係を密にしていけば自ずとチャンピオンシップに近いところに行けると思います」

一方で、攻撃的な選手ばかりを揃えたことでディフェンスは不安視されるが、浜口は1対1のディフェンス能力は非常に高いと見ている。「あとはチームとしてどういうディフェンスをしていくか。オフェンスと同じですけど連係してチームディフェンスを構築していきたい」と抱負を語る。

「僕は目に見えない力、エネルギー、チームワークというものがチームスポーツにとって非常に大事だと思っています。人のためにスクリーンを掛けてあげるだとか、誰かのためにこういう動きをする、というのを伝えていきたい。そこがチームとして機能するようになれば良くなると思います」。そう語る指揮官が、個性的な選手たちをチームとしてどうまとめるか、その手腕が問われる。

この会見には中心選手である宇都と水戸健史、そして3年ぶりに富山に戻って来たかつてのエース、城宝匡史も同席した。

浜口ヘッドコーチは、特に期待する選手を問われて宇都の名前を挙げ、次のように語る。「彼は非常に運動能力があって、右手も左手も上手に使える選手。ファウルをもらう能力はリーグトップクラスで、クリエイトして良いシューターも揃っている。チームをコントロールするポイントガードとして期待しています。代表招集から少し外れていますが、彼は日本のポイントガードとしてプレーすべき選手。もう一回彼をプッシュして代表選手になれるように期待しています」

また水戸と城宝のベテランコンビにも、大きな期待を寄せる。「10年以上彼らを見ていますが、外で見ているのと実際に練習で見るのは違います。ベテランと言っても新人王を取った岡田君、前田君の陰に隠れるような選手ではない。彼らにももう一度しっかり練習から戦ってもらって、存在感を発揮してもらいたい。彼らにも協力してもらいながらチームを作っていきたい」

新型コロナウイルスの影響はまだまだ残るが、浜口ヘッドコーチは「チームとしてはやれることをしっかり準備して、ブースターさんが元気になれるようなポジティブなメッセージを発信していきたい」と言う。開幕はまだしばらく先だが、「一緒に熱く戦っていきたい。是非、選手を後押ししてください」とブースターに呼び掛けた。

新生富山グラウジーズのシーズンは10月3日、浜口が長く率いた京都ハンナリーズとの試合で幕を開ける。

RECOMMEND