サマーリーグ開幕、レイカーズの新人が華々しいデビューでラスベガスを魅了
2016/07/10

写真=Getty Images

レイカーズのイングラム、ウルブズのダンが活躍

レイカーズ新人のブランドン・イングラムが、7月8日にラスベガスで行なわれたサマーリーグ、ペリカンズ戦に出場。サマーリーグデビュー戦で12得点を記録した。

2016 ドラフト全体2位でレイカーズから指名されたイングラムは、ドラフト前こそ線の細さが際立っていたが、ヘッドコーチのルーク・ウォルトンやチームメートのディアンジェロ・ラッセルからの評価は高かった。ナゲッツ戦では、リーチの長さを生かし、2ブロックをマーク。ディフェンスでも会場を沸かせ、試合後半になるとボールを持つだけでスタンドから歓声が上がるほどだった。

試合は、2年目のラッセルが20得点11リバウンドのダブル・ダブルを記録し、レイカーズが85-65で勝利している。

その他では、ティンバーウルブズから全体5位指名を受けたクリス・ダンが、ナゲッツとのサマーリーグ戦で27得点の活躍を見せた。

フィールドゴール18本中10本を成功させたダンは、第4クォーターを通じてチームが記録した12得点中10点を1人で決めるなど、オフェンスの中心を担った。また、得点以外にも5リバウンド3スティール1ブロックとマルチな才能を発揮した。

RECOMMEND