ジミー・バトラー復帰戦でウルブズが勝利「残り全試合に勝たないといけない」

2018/04/07
NBA&海外
21

写真=Getty Images

頼れるリーダー復帰で西カンファレンス単独8位に

2月23日のロケッツ戦で右ひざ半月板を損傷したジミー・バトラーが、ようやく戦列に復帰した。手術後17試合を欠場したバトラーは、4月6日にステイプルズ・センターで行なわれたレイカーズ戦に先発出場し、23分の出場で18得点4スティールの活躍。ティンバーウルブズは113-96で勝利し、エースの復帰に花を添えた。

第2クォーターまでは『試運転』という感じだったが、後半から徐々に本来のリズムになったバトラーは、司令塔ジェフ・ティーグからのロブパスを空中で掴んでアクロバティックなレイアップをねじ込み、ケガの影響を感じさせないパフォーマンスを披露した。

試合後、バトラーは久々の実戦をこう振り返っている。「守備では何度もギャンブルに出た。幸いにして試合序盤にスティールを奪えたけれど、少し疲れたね。フリースローも何本か外してしまったし。でも、それ以外はまずまずだった」

試合前の時点でウルブズはナゲッツと西カンファレンス8位で並んでいたが、この日ナゲッツの試合は組まれていなかったため、単独8位となった。残り2試合、バトラーは「残り全試合に勝たないといけない」と語る。ナゲッツとの直接対決となる最終戦が話題となっているが、その前のグリズリーズ戦を落としては意味がない。バトラーは「月曜には今シーズンまだ勝てていない相手とメンフィスで対戦する。シーズンを通じてやられてばかりの相手だ」と、目の前の試合に集中する気構えを強調した。

バトラーの復帰で勢いを取り戻しつつあるウルブズが、14年ぶりのプレーオフ進出をかけ、いよいよ最終局面を迎えた。