大阪エヴェッサ、新キャプテンに合田怜が就任「どんなときも先頭に立ってチームを引っ張っていけるように」

大阪エヴェッサ、新キャプテンに合田怜が就任「どんなときも先頭に立ってチームを引っ張っていけるように」

2020/07/28

合田怜

アイラは副キャプテン、伊藤がオフコートキャプテンに

大阪エヴェッサは新シーズンのキャプテンに合田怜が就任したことを発表した。

合田は西宮ストークスでキャリアをスタートさせ、B1初年度から大阪でプレーし、来シーズンで5年目を迎える。大阪は昨シーズンから大きくロスターを入れ替え、特に海外でプレーしていた若い日本人選手を多く獲得した。そのため、合田は26歳ながら日本人選手最年長となり、チームのまとめ役を任されることとなった。

副キャプテンには昨シーズンにキャプテンを務めたアイラ・ブラウンが就任。チーム最年長のベテランが補佐するとあって、合田も力強いだろう。また、伊藤達哉のオフコートキャプテン就任も同時に発表されている。

3選手はそれぞれ、クラブを通して以下のコメントをコメントを発表している。

合田「これまで以上に責任と自覚を持ち、どんなときも先頭に立ってチームを引っ張っていけるように精一杯がんばります。ご声援をよろしくお願いします」

アイラ「副キャプテンとしての役割を担うことができて嬉しく思います。キャプテンの合田選手を全力でサポートし、良いチームを作っていきます」

伊藤「オフコートキャプテンとしてコート内外でチームを牽引していきたいと思います。今シーズンはルーキーが多いのでしっかりサポートして、チームの目標を達成できるように一生懸命頑張ります」

RECOMMEND