狩野祐介など福岡第一OBがバスケットボール50球を母校に寄贈「どんなことにも感謝して日々頑張ってください」

狩野祐介など福岡第一OBがバスケットボール50球を母校に寄贈「どんなことにも感謝して日々頑張ってください」

2020/07/15

狩野祐介

「このボールを使って練習して、3連覇を目指します」

7月13日、福岡第一高校にOBの狩野祐介と山本星矢がやって来た。新型コロナウイルスの影響で思うように活動できない現役生を勇気付けたいとの思いから、OBに声を掛け合ってモルテンのバスケットボールを50球購入。後輩たちに寄贈しに来たのだ。

キャプテンを務める松本宗志とハーパージャン・ローレンス・ジュニアは、「このボールを使って練習して、3連覇を目指して頑張ります」とボールの寄贈に感謝した。

現役の部員たちを前に、OBを代表して狩野はこう語りかけた。「Bリーガーと僕が連絡できる卒業生に声を掛けて、少ないかもしれませんが50球を準備しました。僕は第一高校で育ててもらった感謝があり、こういう活動をやることはすぐ決断できたんですけど、僕以外も連絡すると皆さん『お世話になったので寄贈したい』と言ってくれました。僕が今思うのは、感謝が一番大事だということ。皆さんも3連覇を目指すのは良いことですけど、どんなことにも感謝して日々頑張ってください」

「これからも卒業生一同で応援していきますので、3連覇を目指して、コートの真ん中でまた井手口先生を胴上げできるように頑張ってください」

狩野祐介

井手口孝コーチによれば、もともとは山本との雑談の中で「プロ野球選手がやるように、練習で使わなくなった古いボールを母校に送ってくれればいいのに」という言葉が出たのをきっかけに、山本からOBたちへと話が伝わる間に大きくなり、結果として新品のボールが50球も寄贈されることになった。

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年はインターハイも国体も中止になった。今後、第2波、第3波と感染が広がるようであれば年末に予定されているウインターカップの開催も怪しくなってくる。それでも選手たちは、日本一を目指す大会が開催されることを信じてバスケットに打ち込んでいる。50球のボールはその助けにはるはずだ。井手口コーチも「良い練習ができます」と、OBたちの思いが詰まったボールを前にうれしそうな笑みを見せた。

参加選手一覧
2006年卒業
遥天翼
2007年卒業
並里成
2008年卒業
狩野祐介
石川祐一
岩下慶一郎
岩下真澄
橋本泰志
仲本翔
秋吉将志
末吉瑛士郎
田中宏和
2009卒業
山本星矢
横尾侑
山崎翔
西田とも
園幸樹
2010年卒業
古野拓巳
白川健人
秋吉拓人
本間遼太郎
山口翔
黒住和哉
堀勝喜
2011年卒業
石川尚樹
鵤誠司
2012年卒業
渡辺竜之佑

RECOMMEND