シクサーズ新人ベン・シモンズがマジック・ジョンソンに並ぶ快挙、新人王は確定?

2018/03/16
NBA&海外
362

写真=Getty Images

ルーキーイヤーにして7度目のトリプル・ダブルを記録

セブンティシクサーズのベン・シモンズは、NBA1年目の選手とは思えないパフォーマンスを開幕から維持している。昨シーズンはケガで全休、NBAレベルの環境でトレーニングを続けていたとはいえ、平均16.2得点、7.7リバウンド、7.6アシストというスタッツは驚異的だ。そのシモンズのキャリアに、また新たな勲章が加わった。

3月13日のペイサーズ戦で10得点13リバウンド10アシストのトリプル・ダブルをマークしたシモンズは、マジック・ジョンソンと並んでルーキーイヤーに7回のトリプル・ダブルを達成したルーキーに。新人のトリプル・ダブル記録は、1960-61シーズンに『ミスター・トリプル・ダブル』の元祖ことオスカー・ロバートソンが記録した26回。シモンズがレギュラーシーズン残り17試合に出場し、全試合でトリプル・ダブルを記録しても追いつかないが、マジックを抜いて単独2位に立つ可能性は十分にあり得る。

シモンズは、プレーからも21歳とは思えない落ち着きが感じられる脅威の新人だ。そのパフォーマンスレベルは、キャバリアーズのレブロン・ジェームズも絶賛するレベルにある。3月1日にシクサーズと対戦後、レブロンは、シモンズがマッチアップする相手に与える脅威について「自分がもたらすものと一緒」と答えた。「パワー、スピード、クイックネス、サイズ、視野の広さ。自分がマッチアップ相手を苦しめる要素と変わらない」

昨年はドラフト豊作の年と言われたが、1年遅れでデビューしたシモンズのインパクトは他のルーキーを圧倒しており、新人王は確定と見なされている。そしてシクサーズはジョエル・エンビードに続いてシモンズも台頭したことで、再建段階は一気に仕上げに入った。東カンファレンスのプレーオフ進出枠は残り6つ。現在6位のシクサーズにとってはまだ気は抜けないが、シモンズが今後も同様のプレーを披露し続ければ、5年ぶりのプレーオフ進出は固い。

2016年ドラフト全体1位で指名された際は『救世主』と呼ばれたシモンズが、後にレブロンに代わり『2代目キング』を襲名する日がやってくるかもしれない。