[日本バスケットボール応援企画]自宅で行うパーソナルトレーニング『宅トレ』vol.5 タオルプルダウン

2020/08/25

『タオルプルダウン』は上半身のトレーニングで、手を上から下に引っ張る動きに使う背中の筋肉を使います。肩甲骨の動きを確認するのに良いエクササイズです。バスケではリバウンドの動きに近いので、リバウンドをイメージしながら行うと良いでしょう。

1.タオルを持ちます。
タオルを持つ手幅は、手を耳の高さに降ろした時に肘が90度になるようにします。肩が硬い人は、大きめのタオルを使ってより広めの手幅で持ってください。

2.肩に近づけるように降ろします。
胸は張ってタオルを横に引っ張りながら肩甲骨を内側に寄せることを意識しましょう。

3.肩をすくめないように注意しましょう。
首に力が入ると肩がすくんでしまいます。なるべく首の力を抜いて行ってください。

ゴムチューブを使うと強度がより高くなります。また、肩が硬い人には特にチューブを使いことをお勧めします。まずは10回×3セットから始めて、慣れてきたら回数を15回、20回と増やしてみてください。

ベストコンディションジムは2004年に福岡市中央区にオープンして以来、アスリート専用トレーニングジムとして多くのアスリートにプログラムを提供してきた。代表の窪田はリオオリンピックでバスケットボール女子日本代表のストレングスコーチを務めるなど、バスケットボールとの関わりは深い。最近はオンラインでのトレーニング指導『宅トレ』の普及に力を入れている。⇒http://best-condition.com/

RECOMMEND