ステフ・カリーが大失態、ホテルでゴルフの練習をしてガラスを木端微塵に

2018/03/02
NBA&海外
350

写真=Getty Images

昨夏ツアーデビューを飾った自信が招いた悲劇?

昨年のNBAオフシーズン中に話題になったことの中には、ウォリアーズのステフィン・カリーがPGAツアー下部の『ウェブドットコムツアー』デビューを飾った一件が挙げられる。オフにはゴルフ三昧の生活を楽しむカリーは、プロ選手の中に混じり、『エリーメイ・クラシック・アット・TPCストーンブレイ』に出場。結果は148位タイで予選落ちとなったが、現役No.1シューターらしく、アプローチショットでギャラリーを沸かす場面も作った。

そのカリーを擁するウォリアーズは3試合のロード遠征中で、3月2日にはアトランタでホークスと対戦する。その前日、束の間のオフを満喫していたカリーが、宿泊先のホテルで失態を演じた。

遠征先にもゴルフクラブを持ち込み、室内でスイングをしていた矢先、クラブが部屋のガラス製品にヒットし、木端微塵に。この様子を、カリー本人がInstagramに投稿した。

when you feel like you're on the @pgatour so you gotta get some swings going in the hotel room ?????? #idiot

Wardell Curryさん(@stephencurry30)がシェアした投稿 -

メッセージ欄には「PGAツアーでプレーしている錯覚を起こすと、ホテルの部屋でもついスイングの練習をしてしまうよね」と書き込み、#Idiot(まぬけ)というハッシュタグを付けて反省した。トレーニング、練習、試合、家族との時間を除けば、カリーの頭の中は常にゴルフのことでいっぱいなのかもしれない。