宇都宮ブレックスが田臥勇太と契約合意、ケガに泣いたシーズンを乗り越え13年目へ

宇都宮ブレックスが田臥勇太と契約合意、ケガに泣いたシーズンを乗り越え13年目へ

2020/06/18

田臥勇太

「バスケットができる喜びと感謝の気持ちを忘れずに」

宇都宮ブレックスは今日、田臥勇太との契約継続を発表した。

田臥は173cmのポイントガード。能代工時代に史上初の高校『9冠』を達成し、2004年にはサンズの開幕ロスターに残り、日本人初のNBAプレーヤーとなった。海外挑戦を終え、2008-09シーズンからリンク栃木ブレックスに加入し、チームの中心選手として活躍した。

2016年にはチームをBリーグ初代王者に導いたが、2018年からはケガに苦しみ、直近2シーズンのレギュラーシーズン出場試合は28試合にとどまっている。プレータイムを調整するようになり、今シーズンは13試合に先発し、平均9.2分の出場で1.6得点、0.7アシストを記録した。

田臥はクラブを通して以下のコメントを発表している。「いつもたくさんの応援ありがとうございます。2020-21シーズンもブレックスでプレーできることを大変嬉しく思います。バスケットができる喜びと感謝の気持ちを忘れずに、チーム全員、そしてファンの皆さんと共に力を合わせて戦っていきたいと思います。引き続き、熱い声援よろしくお願いします」

なお、宇都宮はこれまでにライアン・ロシター、竹内公輔、ジェフ・ギブス、テーブス海、遠藤祐亮、渡邉裕規、鵤誠司、喜多川修平、比江島慎との契約継続を発表している。

RECOMMEND