ジャマール・マレーが再開後の優勝争いに自信「ジョーカーと自分が乗っていたら、誰もウチを止められない」

ジャマール・マレーが再開後の優勝争いに自信「ジョーカーと自分が乗っていたら、誰もウチを止められない」

2020/06/06

ジャマール・マレー

「去年は自分たちの経験不足が敗因」

NBAのシーズン再開案が理事会で承認され、いよいよ選手たちがコートでプレーできる日が現実味を帯びてきた。西カンファレンス3位のナゲッツは、先日ヘッドコーチのマイケル・マローンがニコラ・ヨキッチのコンディションを絶賛したばかりで、再開に向けて何の不安も感じていない様子だった。それはヨキッチとコートでプレーしているジャマール・マレーも同じで、「優勝できる」と豪語する。

デンバーのリポーターとのリモートインタビューで、マレーは「自分とジョーカー(ヨキッチの愛称)は、ずっとデンバーで練習していたんだ」と、自信の裏付けについて述べた。

「今のチームを築き上げて以来、自分たちは何年も実力を証明してきた。強豪相手にも続けて勝てている。昨年のプレーオフでは、(カンファレンス・セミファイナルで)トレイルブレイザーズに負けるべきではなかったとも思っている。去年は自分たちの経験不足が敗因。もちろん、ブレイザーズは素晴らしいチームだけれど、ベストなプレーができている時に7試合でのシリーズで自分たちに勝てるチームはいないと思う」

NBA理事会が承認した案によれば、7月末からオーランド近郊にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の施設で、22チーム参加という形で再開され、各チームとも最初にレギュラーシーズン8試合を戦いプレーオフの順位を決める。

各チームは6月後半からトレーニングキャンプを行うことが許可されているのだが、マレーは減量に成功したヨキッチの今の姿に驚くようになると言う。「ジョーカーの腹筋は4つに割れているよ。たしか僕が2年目(2017-18)だったと思うけれど、当時のジョーカーは線が細かった。それから彼は体重を増やしたけれど、今は余分なものを取り除いた感じ。身体能力が高くて、以前よりも良い動きをしている彼を見るのは、なんか変な感じさ」

マレーも語ったように、ナゲッツは昨シーズンのプレーオフでブレイザーズに不覚を取った。だが彼は「ジョーカーと自分が乗っていたら、誰もウチを止められない」と話す。

「もし止められるチームがいるとしても、良い試合になるということ」

RECOMMEND