広島ドラゴンフライズが横浜の指令塔、田渡凌を獲得「自分が持っている全てを広島に捧げる」

広島ドラゴンフライズが横浜の指令塔、田渡凌を獲得「自分が持っている全てを広島に捧げる」

2020/06/05

田渡凌

アグレッシブなドライブから得点を取れる司令塔

広島ドラゴンフライズは今日、横浜ビー・コルセアーズの田渡凌を獲得したことを発表した。

田渡は京北高校を卒業後、NCAA2部のドミニカン大学カリフォルニア校でプレーし、2017-18シーズンに逆輸入選手として横浜に入団した。キャプテンを務めた今シーズンは41試合のすべてに出場し、平均プレータイム23.6分で7.0得点、2.2リバウンド、4.3アシストを記録。アシスト力だけでなく、アグレッシブなドライブから得点を取ることができるポイントガードだ。

また、今シーズンは『テラスハウス』への出演やSNSでの動画配信を積極的に行い、中でも『エアロビ動画』は再生回数が100万回を超えるムーブメントを巻き起こした。この功績が認められ2019-20シーズンのMIPを受賞している。

田渡はクラブを通して次のコメントを発表している。「素晴らしいチームメイトと共に勝利に貢献できるよう日々精進して参ります。そして自分が持っている全てを広島に捧げる事を約束します。バスケットボールの力で広島を、そして日本を盛り上げましょう」

また、プロキャリアをスタートした横浜のリリースでは、「3年間期待を裏切ってすみませんでした。自分の力不足でした。それにも関わらず沢山の温かい応援を本当にありがとうございました」とコメントし、今後の意気込みと感謝をこうコメントしている。「いつの日か、胸を張って横浜でキャリアを始めて良かったと言えるような活躍をして、皆さんに恩返しができるように精進します。日本一のブースターのもとプレーできたことはとても幸せでした」

RECOMMEND