川崎ブレイブサンダース、勝負強さを発揮した大塚裕土と青木保憲との契約継続を発表

川崎ブレイブサンダース、勝負強さを発揮した大塚裕土と青木保憲との契約継続を発表

2020/05/08

大塚裕土

大塚「優勝を勝ち取る為に戦いましょう」

川崎ブレイブサンダースは今日、大塚裕土と青木保憲との2020-21シーズンの選手契約継続を発表した。

大塚裕土は昨夏に富山グラウジーズから川崎ブレイブサンダースに移籍。優勝候補のチームに加入して日本代表の辻直人とポジションが重なったことで、プレータイムは限られたものとなり、スタメン出場は10試合と減少した。それでもハードワークを徹底するスタイルにすぐにフィットし、常に相手の脅威となる存在感を発揮。大塚自身もシーズン中には「スタメンよりも、第4クォーターの最後にコートに立っていたい」と語るなど、起用法よりもチーム内での存在感を高めることを意識していた。

大塚はクラブを通じて「今シーズン起きたことは、来シーズン優勝する為に必要なことだったと思って、新たな気持ちで一丸となり、優勝を勝ち取る為に戦いましょう!」とファンにメッセージを送っている。

青木は川崎で3シーズン目を終えた若手ポイントガード。日本代表の篠山竜青、さらに藤井祐眞がシーズンを通じて絶好調をキープする状況ではあったが、少しずつプレータイムを伸ばし、特に今シーズンは1試合平均2.3得点と数字を伸ばした。長いプレータイムは得られなかったが、主力の欠場が相次いだ天皇杯で奮闘し、チームのファイナル進出に貢献するなど存在感を発揮。ディフェンスからハードにプレーしてリズムを作るスタイルを徹底するとともに、思い切り良く攻める形も出てきた。

「今シーズンは個人的に成長を実感でき、チームとしても優勝を狙える位置にいた状態でのシーズン終了となってしまい、不完全燃焼なシーズンとなってしまいました。このモヤモヤを来シーズンにぶつけるため、今出来ることをやって準備しています」と、青木はクラブを通じてコメントを発表している。

川崎はこれで篠山と辻、ニック・ファジーカスの『ビッグ3』を含む10選手との契約継続を発表。来シーズンに向けて、どのチームよりも早く陣容を固めている。

RECOMMEND