トレイ・ヤング、プロの心得を教わったビンス・カーターにつけた『ジェダイ・マスター』の称号

トレイ・ヤング、プロの心得を教わったビンス・カーターにつけた『ジェダイ・マスター』の称号

2020/05/06

トレイ・ヤング

「チーム最年長なのに実力も健在、それでいて何でも知っている」

ホークスの司令塔トレイ・ヤングは、2年目の2019-20シーズンにオールスターに選出されるなど、ここまで順調すぎるほどのキャリアを送っている。

そのヤングにプロの心得を教えたのは、今シーズン限りで現役を引退するビンス・カーターだ。NBA公式のリモートインタビューに応じたヤングはリスペクトの気持ちを込めて、プロ22年目のカーターを『ヨーダ』と呼んでいることを明かした。

『ヨーダ』とは、大人気SF映画『スターウォーズ』シリーズに登場するキャラクターで、銀河系の自由と正義の守護者を指すジェダイの中でも『ジェダイ・マスター』と呼ばれる重要な存在だ。

「ビンスは今までのバスケット人生の中でも、ベストチームメートの一人だよ。一緒にプレーしたこの2年でたくさんのことを教えてもらった。彼を『ヨーダ』と呼ぶ理由は、チーム最年長なのに実力も健在、それでいて何でも知っているからだ」

「彼とはロッカーも隣同士だからたくさんの質問をした。例えば、ラプターズやネッツでチームを引っ張ってきた人だから、『チームを引っ張るには何をすればいい?』とかね。このチームを次のレベルに導くために、僕は何をする必要があるのか知りたかったんだ」

カーターは最後までチームの戦力としてコートでプレーすることを望み、晩年は精神的な支え、いわゆるメンター的な役割に限定されてしまうチームとの契約を避けてきた。幸運にもそのタイミングで彼と出会ったヤングは、大先輩からプロで成功するためのノウハウと姿勢を学んでいる。

1件のコメント

  • 佐保めぐみ 佐保めぐみ より:

    キャリア22年のカーターを『ヨーダ』と呼ぶとはヤングらしいですね。それでもこれも2人の関係性があってこそ。カーターからたくさんのことを教わっているヤングの今後が楽しみです!

RECOMMEND