[日本バスケットボール応援企画]自宅で行うパーソナルトレーニング『宅トレ』vol.1 ウォールプッシュアップ

2020/08/22

『ウォールプッシュアップ』は上半身のトレーニングで、胸と腕の筋肉を鍛えます。身体を支えるために体幹の筋肉も使います。パスの動作に近いので、パスのイメージを持ちながらトレーニングしてください。

1.肩幅に手を開く。
手の幅は、肘の角度が90度になるのが基本ですが、手の幅をこれより狭くすると腕の筋肉が、手広くすると胸の筋肉が集中して鍛えられます。 どの筋肉に負荷を掛けるのか意識することで効果が高まります。

2.手の間に胸がくるように下ろす。
頭、背中、脚が一直線になるように、しっかり体幹の筋肉を意識しましょう。背中を丸めずに肩甲骨を寄せることを意識してください。肩甲骨がしっかり動くようになると強いパスが出せるようになります。

まずは10回×3セットから始めて、慣れてきたら回数を15回、20回と増やしてみてください。

ベストコンディションジムは2004年に福岡市中央区にオープンして以来、アスリート専用トレーニングジムとして多くのアスリートにプログラムを提供してきた。代表の窪田はリオオリンピックでバスケットボール女子日本代表のストレングスコーチを務めるなど、バスケットボールとの関わりは深い。最近はオンラインでのトレーニング指導『宅トレ』の普及に力を入れている。⇒http://best-condition.com/

RECOMMEND