選手投票で1位に選出されたヤニス・アデトクンボ「自分は悪夢のような存在だから」

2018/01/20
NBA&海外
67

写真=Getty Images

『同業者』に認められたことを素直に喜ぶ

2年連続オールスター・スターターに選出されたバックスのエース、ヤニス・アデトクンボ。最終的に253万もの票数を得て、堂々の選出となった。

アデトクンボは、ファン投票でこそレブロンに及ばなかったものの、同じ現役NBA選手間の投票では、東カンファレンスのフロントコート部門で1位に選ばれた。同じプレーヤーから認められたことをアデトクンボは素直に喜んだ。「僕が毎試合ハードにプレーして、チームの勝利のためなら何でもする姿を見ていてくれたんだろう。みんなにとって僕は悪夢のような存在だろうからね。だから票を入れてくれたんだと思う」

オールスターゲームでは、東西のキャプテンに選出されたレブロン、またはウォリアーズのステフィン・カリーが率いるチームでプレーする。カリーは、昨年のオールスターで自分越しにダンクされたことを挙げ「同じチームならやられないから」とアデトクンボの指名をほのめかした。一方のレブロンは誰を指名するか明かさない方針を貫いている。

果たして『グリーク・フリーク』はどちらのチームで、誰と一緒にステイプルズ・センターのコートに立つことになるのだろうか。アデトクンボは、どちらのチームでも構わないと答えたが、「最後に指名されるのだけは嫌だね」と笑った。レブロンは「勝ちに行く」と宣言。そうなれば、たとえオールスターであってもアデトクンボは早々に指名がかかるはずだ。