シーズン中止の可能性に備えるフレッド・バンブリート「最悪の事態も想定しないといけない」

シーズン中止の可能性に備えるフレッド・バンブリート「最悪の事態も想定しないといけない」

2020/04/23

フレッド・バンブリート

「目先の数百万ドルより、人の健康の方が大事」

新型コロナウイルスの影響でNBAが中断して1カ月以上が経つ。ラプターズのフレッド・バンブリートはシーズン終了の可能性も視野に入れながら、地元イリノイ州ロックフォードでトレーニングを続けている。

4月22日にメディアの取材に応じたバンブリートは「選手やオーナー、そしてリーグも最悪の事態を想定しないといけない。もちろんシーズン再開を考えての準備もしているよ」と答えた。

3月11日からシーズンが中断されているNBAは、他の競技と同様にまだ今後の方針を決められていない。試合が実施できない以上、大幅な減収も覚悟しなければならず、先日リーグと選手会は選手の報酬減額に関して合意した。

このままでは今年のオフにフリーエージェントの資格を得るバンブリートのような選手の今後にも、影響を与えかねない。それでも彼は冷静に現状を分析し「いずれにしても全員が影響を被る。この影響が今年だけにとどまってほしいけど」と話した。

「もしNBAが公衆衛生や治安、選手の安全面で社会のリーダーになりたいのなら、このウイルスに関するガイドラインに従うべきだ。そう考えると今はシーズン中止の可能性の方が高いかもしれない。ただ、お金の問題もあるから、リーグはなんとかして再開させる方法を考えるんじゃないかな。今はシーズンが再開しても、中止になっても驚きはしない。それでも目先の数百万ドルより、人の健康の方が大事だ。自分たちの立場を考えれば、今はとてつもない冨を得ているのだから、誰も文句は言わないと思う」

1件のコメント

RECOMMEND