大阪エヴェッサの3選手が新型コロナウイルスのPCR検査で陰性を確認、濃厚接触者の健康観察期間も終了

大阪エヴェッサの3選手が新型コロナウイルスのPCR検査で陰性を確認、濃厚接触者の健康観察期間も終了

2020/04/16

大阪エヴェッサ

検査対象となる選手、関係者のPCR検査が終了

大阪エヴェッサは今日、4月13日と14日に新型コロナウイルスのPCR検査を受けた3選手がいずれも陰性であったことを発表した。これで検査対象となる選手、関係者のPCR検査がすべて終了したことになる。

これまでチーム内で選手11名、チーム関係者1名の感染が確認されていたが、その濃厚接触者とされていたチーム関係者、スタッフの2週間の観察期間が終了したこともあわせて発表されている。

安井直樹代表は「今後、陽性結果が出た選手・チーム関係者が一日も早く回復し、陰性判定が確認できるまでクラブとしてできる限りサポートしてまいります」とコメントするとともに、「回復傾向にある選手との話し合いの場を設け、その上でクラブとして皆様にお知らせできることをお伝えしたい」と今後の方針を明らかにしている。

RECOMMEND