父親がコロナウイルス感染から回復したマイルズ・ターナーが警鐘を鳴らす「誰にでも起こり得ること」

父親がコロナウイルス感染から回復したマイルズ・ターナーが警鐘を鳴らす「誰にでも起こり得ること」

2020/04/11

マイルズ・ターナー

「身近な事例になると、現実として考えられる」

新型コロナウイルス感染者はNBA選手にも出ているものの、普段からコンディショニングに気を配っているトップアスリートの彼らは、普通に考えれば重篤化の可能性は低く、なおかつ一般人よりも回復が早い。

しかし、コロナウイルスにより祖父を亡くしたキングスのルーキー、カイル・ガイのように、身近な存在が命の危険に晒されるケースは十分に起こり得る。ペイサーズのマイルズ・ターナーは、父親がコロナウイルスに感染したことを、トレイルブレイザーズのCJ・マッカラムのポッドキャスト番組で明かした。

ターナーによれば、父親は無事に回復し、すでに普通の生活を取り戻したという。だが、家族に感染者が出て、実際に苦しむ姿を目の当たりにし、そこでようやく他人事ではないと気づいたと言う。

「実は、父がコロナウイルスに感染した。今は完治したけれど、父が苦しむ姿を見るのは辛かった。それまではTwitterのくだらない投稿を見て面白がっていたけれど、実際に父が感染して、ほとんど話もできないくらい弱りきった姿を目にすると考えが変わるよ。父の容態は悪かったんだ」

「父は55歳か56歳だけれど、病院に1週間近く入院した。家族が感染して、ようやく事態の深刻さが理解できた。これは、誰にでも起こり得ること。ウイルスについて詳しいことは分からず、自分でも調べた。どうすれば家族や自分が安全に過ごせるのかを調べたよ。おかげさまで父は回復して、もう感染源になる不安もない。回復してくれてうれしいけど、亡くなってしまう人も大勢いる。身近な事例になると、現実のものとして考えられるようになる」

現地4月10日現在で、アメリカ国内の新型コロナウイルス感染者数は50万人を超え、死者の数も1万8693人に到達するなど、予断を許さない状況にある。いつ誰が感染してもおかしくないと、気を引き締めて生活する必要がある。

RECOMMEND