CJ・マッカラム、経済停滞の中で困窮するNBA選手が出ると予測「選手の3分の1はその日暮らし」

CJ・マッカラム、経済停滞の中で困窮するNBA選手が出ると予測「選手の3分の1はその日暮らし」

2020/04/09

CJ・マッカラム

NBA選手会の副会長の立場で、現状に危機感

新型コロナウイルスの世界的大流行により、NBAは先月からシーズンを中断している。

シーズン再開の見通しは不透明で、最悪の場合はシーズン終了の可能性もある状況で、リーグは4月1日に予定通り選手への報酬を支払った。しかし今後もそうなる保証はない。リーグや各球団が被る莫大な損害を考慮すれば、年俸の減額もしくは支払の延期について選手会と話し合う可能性もある。

NBA選手はすべて億万長者のように見られがちだが、4000万ドル(約40億円)の年俸を得るスター選手もいれば、最低保障額の契約を結ぶ選手もいる。トレイルブレイザーズのCJ・マッカラムは、NBA選手会の副会長の立場で『ESPN』の番組に出演。元NBA選手ジェイ・ウィリアムスと対談した際に「今の選手の3分の1は、1カ月の給料を使い切る生活をしている」と話し、これから金銭面で苦しむ選手が出てくることを懸念している。

「450人いたら150人はその日暮らしじゃないかな。最低保障額の選手や計画的にお金を使えない選手、こういう事態を想定していなかった選手は大変なことになる。中には誰かにお金を貸している選手もいるだろうし、一族すべてを養っている選手もいる。複数の友人を金銭的に援助している選手もいるだろう。アメリカでは僕たちを含めて、多くの人たちの仕事が停止している状態だからね」

外出禁止などの措置が世界中で取られている今、業種によっては収入が大幅に減った人も多く、アメリカでは政府が給与補償をして生活を支えている。

NBAはきらびやかなイメージが先行する世界だが、そこに住む選手の中にもマッカラムが警鐘を鳴らすように、今後金銭面で苦しむ選手が続出する可能性がある。

RECOMMEND