アルバルク東京がシーズン終了の挨拶、正中岳城キャプテン「プロセスこそがなによりも尊い」

アルバルク東京がシーズン終了の挨拶、正中岳城キャプテン「プロセスこそがなによりも尊い」

2020/04/07

正中岳城

「明確な危機意識を持ち、チームメイト同士で競い合った」

アルバルク東京は今日、2019-20シーズン終了に伴うリリースを発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、Bリーグはレギュラーシーズンが打ち切りとなり、優勝を決めるチャンピオンシップも実施されない決定が下された。A東京は32勝9敗で東地区優勝を決めたものの、チームが目指していた3連覇という目標は消えてしまった。

キャプテンを務める正中岳城は、次のようなコメントを発表している。

「リーグ戦中止によるシーズン終了となりましたが、開幕直後から厳しい局面を迎えながらも三連覇を目指して戦い抜くためにチーム力の最大化に向けてチャレンジできたこと、また、他チームがステップアップしている中で明確な危機意識を持ち、チームメイト同士で競い合ったことにより、これまでのシーズンを上回る勝率を残すことができたのではないかと思います」

「シーズンの取り組みに対して達成感を得ることはできませんが、それでも改めて思うことは、困難を超えて、課題を克服していきながら、よりよいプレーをお見せするためにチーム全員でともにするプロセスこそがなによりも尊く、かけがえのなのものであったと強く感じています」

正中はプレーヤーとして「達成感を得ることはできません」と率直な気持ちを言葉にしているが、その一方でヘッドコーチのルカ・パヴィチェヴィッチはこの状況の中で出した結果に目を向ける。

「数多くの怪我人と移籍選手もいた中、シーズン後半から合流した若い選手も含め選手全員が全ての力を出し切ってくれました。その中でも3人のベテラン、正中、菊池、竹内が力強くチームを引っ張り、一つ一つの勝利を積み重ね3年連続リーグ上位の成績を残す事ができました。FIBA Asia Champions Cup20192019優勝、レギュラーシーズン東地区優勝を達成した事は、選手達は胸を張って良い結果だと思います」

いずれにしても、今シーズンは予想外の形で終わってしまった。来るべき新たなシーズンに向けて、パヴィチェヴィッチヘッドコーチは「バスケットボールゲームの情熱と共に来シーズン再開する瞬間を楽しみにしています」との言葉でコメントを締めくくっている。

RECOMMEND