カーメロ・アンソニーのマディソン・スクエア・ガーデン凱旋、勝ったのはニックス

2017/12/17
NBA&海外
172

写真=Getty Images

ニックス時代をまとめた特別映像で前エースを歓迎

12月16日、カーメロが移籍後初めて『聖地』マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)のコートに帰ってきた。ニックスがクリスタプス・ポルジンギスを中心とするチーム再編を決め。そしてカーメロ自身も優勝できる環境を求めてサンダーへのトレードを受け入れた今夏以降、かつてのエースが初めてMSGに戻って来たことになる。

昨シーズン中は、前球団社長のフィル・ジャクソンから「彼は他チームでの方が成功できる」と言われ、ジャクソンとの確執も取り沙汰された。シーズン終盤には若手の出場機会を優先し、カーメロをベンチに置く時間も長くなったは、カーメロ自身がメディアの前でニックスを批判したことはなく、違う道を進むことになっても両者の間にはリスペクトがあった。

試合前の選手紹介の際、ニックスはカーメロの6年半をまとめた特別動画を会場内の大型スクリーンに流した。

試合前、カーメロは古巣との対戦についてこう語っている。「1年や2年しかいなかったわけじゃない、たくさんの時間を過ごしたチームだ。良い時も悪い時も経験した。でも、自分はとにかくチームのために行動した。常にプロとして、ファンから好かれようと嫌われようと、自分のやるべき仕事をやったつもりだ。そのことは分かってもらいたい」

カーメロは古巣相手に12得点5リバウンドを記録。ポルジンギスが欠場したものの、ホームのニックスが111-96で勝利した。試合中にはニックスのファンからブーイングも受けたが、カーメロは「予測できたこと」と穏やかに言う。「敵のチームの選手を応援するわけにはいかないからね」と、続けた。

試合終了後には昨シーズンまで戦った仲間と言葉を交わし、健闘を称え合った。