B3リーグが無観客試合や延期を検討するも、クラブの経済的負担が大きく62試合の開催中止を決定

B3リーグが無観客試合や延期を検討するも、クラブの経済的負担が大きく62試合の開催中止を決定

2020/03/16

バスケット・カウント

第22節から26節が対象となり、3月中は試合開催なし

B3リーグは今日、3月21日から29日に開催を予定していたリーグ戦の中止を決定した。また開催延期となっていた2月28日から3月15日までの試合も開催中止にし、計62試合の中止が決まった。

B3リーグは代替試合や無観客での実施も検討したという。しかし代替試合を行う日程と会場の確保が困難であり、無観客での実施はクラブの経済的負担が大きく財務基盤を揺るがすことになりかねない。そしてB3リーグではクラブの財政悪化を支援する融資制度などがないため、3月末までの試合中止という決断に至ったという。

また4月以降の試合においては3月末の状況を踏まえて、あらためて決定するとのこと。

中止対象となる62試合は次の通り。

・第22節 2月28日から3月1日(12試合)
・代替試合(埼玉のホームゲーム) 3月4日(1試合)
・第23節 3月5日から3月8日(12試合)
・代替試合(岐阜のホームゲーム) 3月11日(1試合)
・第24節 3月11日から3月15日(12試合)
・第25節 3月21日から3月24日(12試合)
・第26節 3月28日から3月29日(12試合)

RECOMMEND