八村塁は前半2桁得点も後半に失速して15得点止まり、ウィザーズは強豪ジャズに敗れる

八村塁は前半2桁得点も後半に失速して15得点止まり、ウィザーズは強豪ジャズに敗れる

2020/02/29

八村塁

及第点以上の活躍も勝利には繋がらず

ジャズのホームへ乗り込んだウイザーズ。八村塁は序盤から安定感のあるプレーを披露した。

八村はリバウンド争いに絡み、ボールをティップして初得点を記録。直後にもオフェンスリバウンドを奪取し、柔らかいタッチでペイント内でのシュートを成功させた。

その後、マークするルディ・ゴベアへのパスをカットし、そのままワンマン速攻でダンクを決めて、第1クォーターから6得点を挙げてチームを牽引した。

第2クォーターにはドライブからのプルアップを成功させる。その直後には、トランジションからノーマークでボールを受けると、積極的に3ポイントシュートを放ち、早くも得点を2桁に乗せた。

後半に入ると、ゴベアをポンプフェイクで飛ばし、身体を当ててシュートファウルを獲得したかと思えば、今度はスピードのミスマッチを突いてドライブからのレイアップを成功させた。

八村は要所で好プレーを見せたが、総じてボールに絡むシーンは少なかった。スクリーンやリバウンド参加など、献身的なプレーを継続したが、個での打開やアグレッシブにアタックするシーンはあまり見られなかった。

試合はウィザーズが9点ビハインドで最終クォーターを迎えたが、ディフェンスが崩れて連続失点し、徐々に点差が開いていった。八村もハンドリングをミスしポゼッションを渡してしまうなど、開始3分で15点のビハインドを背負い、ベンチへ下がった。

3ポイントシュートが連続で決まり一時3点差まで迫ったウィザーズだったが、ジャズのエース、ドノバン・ミッチェルに連続で3ポイントシュートを許して万事休す。ミッチェルに勢いを止められ、再び点差を2桁に戻されて、119-129で敗れた。

八村はビールに次ぐ32分間の出場で15得点7リバウンド3スティールを記録。前半で11得点を挙げたものの、最終クォーターは無得点に終わり、大事な時間帯で存在感を示せなかった。

ディフェンスや献身的なプレーでの貢献が目立つ八村だが、ビールの負担を減らし、相手に的を絞らせない意味でも、オフェンスでのさらなる活躍が求められる。

RECOMMEND