アンドリュー・ウィギンズに期待を寄せるドレイモンド・グリーン「彼の力になりたい」

アンドリュー・ウィギンズに期待を寄せるドレイモンド・グリーン「彼の力になりたい」

2020/02/20

アンドリュー・ウィギンズ

「ディフェンダーとしては、ケビンに似ている」

トレードデッドラインまでに動いたウォリアーズは、ディアンジェロ・ラッセルをティンバーウルブズに放出し、その見返りにアンドリュー・ウィギンズを獲得した。

移籍後まだ3試合しか出場していないものの、早くもドレイモンド・グリーンはウィギンズを高く評価し「チームに完璧にフィットする」と称えている。

そしてウルブズ時代から評価の低いウィギンズのディフェンスについても擁護。昨シーズンまで所属したケビン・デュラントを彷彿させるとグリーンは語った。

「彼にはオールディフェンシブ・プレーヤーになれる資質がある。それだけの力も身体能力も備わっているから、自分はチームのリーダーとして彼を後押ししたい。ディフェンダーとしては、ケビンに似ているよ。リーチも長くて線も細めだけれど、弱くはないし動きも素早い。ウチに来てまだ数試合だけど、相手チームの優秀な選手とマッチアップした姿を見て、すごく良いディフェンダーになれると感じたんだ」

2014年のドラフト全体1位指名選手ながらウルブズ時代には殻を破れなかった。そんなウィギンズの成長を手助けすると、グリーンは約束した。

「彼は偉大な選手になりたいんだと思う。口数は少ないし、あまり自己主張しないタイプだから、そういう一面を見る機会は少ないだろうけどね。でも彼と話しをしたり実際にプレーを見て、そうなりたい気持ちが伝わってきたよ」

「このチームのリーダーとして、年長者の一人として、彼の気持ちを受け止めているつもり。そこまでキャリアに差があるわけではないけど、自分の方が少しだけ経験があって年齢も上。どんな形にせよ、彼が目標を達成できるように力になりたい」

グリーンにはドラフト全体1位指名選手に対して、手取り足取り何かを伝える考えはなく、経験面でのアドバイスをしたいという。

心機一転のウィギンズにとっても、グリーンのように声と行動で仲間を引っ張ってくれる選手は心強い存在だ。頼もしいリーダーの下で、ウィギンズがひと回りもふた回りも成長できるかどうか注目したい。

RECOMMEND