コービーへ捧げるNBAオールスターゲーム、レブロン・ジェームズは「いつも一緒にいてくれる気がする」

コービーへ捧げるNBAオールスターゲーム、レブロン・ジェームズは「いつも一緒にいてくれる気がする」

2020/02/17

レブロン・ジェームズ

今年からオールスターMVPの名称が『コービー・ブライアント賞』に

2020年のNBAオールスターゲームは、先月末の事故で急死したコービー・ブライアントらに哀悼の意を捧げる大会でもある。

新たな試合フォーマットは、亡くなったコービーが現役時代に着けた24番へのリスペクトが込められたもので、バックスのヤニス・アデトクンボがキャプテンを務めるチーム・ヤニスは24番、レイカーズのレブロン・ジェームズが率いるチーム・レブロンは、同じく事故の犠牲になったコービーの次女ジアンナがバスケットボールチームで着用していた2番のジャージーを着て試合に臨む。

昨年に続いてオールスターゲームでチームキャプテンを務めるレブロン・ジェームズは、前日の会見で、コービーのレガシー(功績)を称えられることを誇りに思うと話した。

「この場にいられるのは名誉なこと。ファンのみんなに投票で選んでもらってオールスターウィークエンドに携われるのだから、素晴らしい週末になるよ。僕たちにとっては、コービー・ブライアントのレガシーを称えられる素敵な時間になる。彼を亡くしたけれど、最高の時間になる」

そしてレブロンは、コービーへの思いを次のように続けた。

「きっと天国から僕たちを見てくれているだろうね。この件は非常に繊細な事柄なので、あまり多くを語りたくはない。ただ、彼が僕たちといつも一緒にいてくれる気がするよ」

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、今年のオールスターゲームから、大会MVPの名称を『コービー・ブライアント賞』にすると発表。第1回目の『コービー・ブライアント賞』を受賞するのが誰になるか、今日のオールスターゲームを楽しみに待ちたい。

RECOMMEND