NBAオールスター選外となったサンズのデビン・ブッカー「僕が好きになったオールスターとは少し違う」

NBAオールスター選外となったサンズのデビン・ブッカー「僕が好きになったオールスターとは少し違う」

2020/02/02

デビン・ブッカー

ブラッドリー・ビールも怒り「見返したい」

サンズは試合のたびに踏み付けられる『ドアマットチーム』からついに脱却した。ここまで20勝28敗と勝率5割はいまだ遠いが、それでも激戦の西カンファレンスでプレーオフ進出を狙える位置につけている。

チームを変えたのはエースのデビン・ブッカーだ。これまでもNBA2年目の2016-17シーズンに1試合70得点を記録するなど、ハマった時の爆発力はあったが、その試合でもチームは敗れており、彼の活躍と試合の勝敗が結び付かなかった。それでも今のブッカーは安定感が増し、勝敗を左右するクラッチタイムでのプレーの成功率も上がっている。

ここまで27.1得点、6.4アシストを記録。フィールドゴール成功率は51%と高い数字を維持している。ちなみに、ブッカーの27.1得点はリーグ8位の成績。同じく28.7得点のブラッドリー・ビール(ウィザーズ)とともにオールスターに選ばれなかったが、過去35年で平均27得点以上を挙げての選外はこの2人が初めてのこと。

当然、ブッカーとビールの2人も、その所属チームを不満を露わにしている。

ビールの場合は、ウィザーズの低迷(17勝31敗)と彼自身にケガがあったことが影響しているのだろう。それでもビールは納得せずに「チームをプレーオフに導くことで見返したい」と、怒りをパワーに変えようとしている。

ブッカーも、おそらく今回は選ばれると思っていたのだろう。その期待が外れたことに「失望している」と語る。

「オールスターは僕の目標だ。でも実際のところ、僕が最初に好きになったオールスターと今のオールスターは少し違うんじゃないかと思う。僕はベストプレーヤーが集うオールスターゲームを見て育ってきた。でも今はエンタテインメントでありドラマであり政治だよ。僕らもその一部だから、これ以上は言わないほうがいいね」

オールスターがどうあるべきかと問われたブッカーは、迷わず「リーグのベストプレーヤーが集まる試合」と答えている。

RECOMMEND