レイカーズのルーキー、ロンゾ・ボールがレブロン・ジェームズの記録を塗り替えるNBA史上最年少トリプル・ダブル!

2017/11/13
NBA&海外
24

写真=Getty Images

レブロンの最年少記録を13年ぶりに更新

レイカーズの『ゴールデンボーイ』ことロンゾ・ボールがNBA記録を塗り替えた。10月11日に行われたバックス戦、試合には90-98で敗れたのだが、ロンゾは第4クォーター序盤に10個目のリバウンドを記録。その時点で13得点11アシストを挙げており、これでトリプル・ダブルに。20歳と15日はNBAの最年少トリプル・ダブル記録。2004-05シーズンにレブロン・ジェームズが記録した20歳と20日を更新した。

最終的にロンゾは19得点12リバウンド13アシストまで数字を伸ばしている。偉大な記録を打ち立てた後、本人は「自分のスタッツは全く気にしていなかった。負けていたからね。勝ちたかったけど、うまく行かなかった」と素っ気なかった。

開幕からレイカーズのオフェンスのペースを上げる役割を担っているボールは、試合を重ねるごとに成長している。バックス戦で記録した13アシスト中9アシストがチームメートの3ポイントシュートかダンクを呼ぶなど、司令塔としての判断力もレベルアップしている。

この日は敗れたものの、同様のパフォーマンスを続けていけば、勝利は必ずついてくる。勝った試合で再びトリプル・ダブルという『オマケ』がつけば、その時はきっと、笑顔で個人スタッツについても語ってくれるはずだ。