センターのドワイト・パウエルが負傷したマーベリックスがビッグマン確保のため、ジョアキム・ノアに連絡との噂

センターのドワイト・パウエルが負傷したマーベリックスがビッグマン確保のため、ジョアキム・ノアに連絡との噂

2020/01/23

ジョアキム・ノア

ノアは現在も無所属のまま

センターのドワイト・パウエルが右足アキレス腱を断裂し、シーズン中の復帰が絶望となった影響を受け、マーベリックスはビッグマン補強に向けて早々に動きを見せた。

マブスは海外リーグの選手やGリーグの選手らをリストアップ。そして、フリーエージェントのジョアキム・ノアに連絡を入れたと、『ESPN』が伝えた。

ブルズ時代の2014年に年間最優秀守備選手賞に輝き、オールNBAファーストチーム、オールディフェンシブ・ファーストチーム入りも果たしたノアは、その後ケガに悩まされたものの、グリズリーズに所属した昨シーズンは42試合に出場して平均7.1得点、5.7リバウンド、2.1アシストを記録。闘志溢れるプレーが持ち味でパスの能力も高く、コンディションさえ万全なら大きな戦力になるベテランだ。

ノアは昨年の夏にはレイカーズ移籍も噂されたが、同チームはドワイト・ハワードとの契約を選択。ノアは、現在も無所属のまま練習を続けている。

現在マブスは西カンファレンス5位につけているが、4年ぶりのプレーオフ進出を確かなものにするには、パウエルの代役確保は欠かせない。ノアを含む候補から誰と契約するのか、今後の動きに注目したい。

RECOMMEND