千葉ジェッツをベンチから支え、役割を果たすコンボガードの阿部友和「いつかチャンスが来るのは分かっていた」

2017/11/06
Bリーグ&国内
56

文=丸山素行 写真=B.LEAGUE

ぶっつけ本番のツーガードが大当たりした第1戦

千葉ジェッツは日本代表の富樫勇樹が正ポイントガードを務めている。だが阿部友和、西村文男といったそれぞれ毛色の違うポイントガードがベンチに控えていることも大きな強みだ。

それを証明したのが栃木ブレックスとの第1戦。第3クォーター終了時点でビハインドを背負っていたが、最終クォーターで23-12と試合をひっくり返した。この逆転劇を演出したのは他でもない控えポイントガードの阿部と西村だった。阿部はこのクォーター10分間コートに立ち続け、持ち味である強度の高いディフェンスを披露した。勝負どころでのスティールやボールの展開力は数字以上に大きなインパクトを残した。

試合には敗れたが、阿部は第2戦でもプレータイムを獲得し、チームにリズムの変化を与えた。「ディフェンスをやりたい場面で、2番ポジションで使われたんですけど、石井(講祐)、原(修太)と使ってリズムに乗り切れなかったので、もう一つの選択肢として僕がチョイスされたと思います」と分析した。

「ウチはディフェンスのチームなのでディフェンスをしっかりやって、あの流れができれば勝ち切ることができるというのを第1戦は見せれたのかな」と阿部。「2番ポジションで使われた」とさらっと言うが、1番でも2番でも起用可能なコンボガードとしての阿部の存在は、チームの引き出しを増やす上でも貴重だ。

「出る出ないにかかわらず、出る準備はいつもしていた」

千葉は現在9勝4敗とリーグ3位の位置につけているが、昨シーズンのような圧倒的な強さがどこか影を潜めているようにも映る。キャプテンの小野龍猛も以前「ウチにはどこか相手にとって付け入る隙がある」と表現していた。

「これだけのメンツがいるので、ウチにはいろいろなケミストリーの形があります。それがありすぎることで場面場面でのベストを模索してる段階だと思います。大野(篤史)さんの頭の中ではできても、選手たちはそこにまだついていけてないので」と、チームにつきまとう違和感の正体をこのように説明した。

戦術や連携など様々な要素が入り混じるが、千葉のバスケの根幹をなすのはディフェンスだと強調する。「オプションが多い、選択肢が多い中でも、結局僕たちがやることはディフェンスなので、そこでオフェンスというよりディフェンスでどう相手を崩すかなので、昨日のラスト4分くらいからのバスケットを心掛けたいです」

特に違和感なく試合に馴染んでいた阿部だったが、意外にも試合に出場したのは5試合ぶり。「ここ最近悪い状況でもなかったですし、いつもどおりです。出る出ないにかかわらず、出る準備はいつもしていたので」と常に臨戦態勢であることが好パフォーマンスを呼んだ。

日本代表がワールドカップ予選を控える今、代表選手がチーム練習に参加できなかったり、コンディション管理が大変だったりと、チームは想定しづらいリスクを抱えている。それだけに、阿部のような選手が準備を怠らず役割を果たす意義は大きい「個人のアピールをしながらチームをもっと良くしていきたい。もっと良くできるチームだと思っているので」とチームの底上げを阿部は誓った。