3人制バスケ『3x3』の男子日本代表が強化合宿「東京オリンピックではメダル獲得が最低限の目標」

3人制バスケ『3x3』の男子日本代表が強化合宿「東京オリンピックではメダル獲得が最低限の目標」

2020/01/06

3x3男子日本代表

「選手選考は非常に難しいチョイスになってくる」

3人制バスケットボール『3x3』の男子日本代表は、1月6日から8日の期間で第4次強化合宿を行い、初日の練習がメディアに公開された。

合宿初日ではありながら1on1ではバチバチにやり合う姿が見られた。一通りセットオフェンスの確認なども行い、最後は試合形式での練習へ。前回合宿と同じメンバーだったこともあり、選手間で密にコミュニケーションを取りながら、合宿初日とは思えないほどの激しい練習が行われた。

いよいよ2020年を迎えて、ディレクターコーチのトーステン・ロイブルは「オリンピックイヤーを迎えて『ここでやるぞ』という感じがチームにも出てきている」と練習後に話し、「Bリーグで土日に試合があった選手がほとんどなので、疲れた中でこれだけの練習ができたことは良かった」と、合宿初日での手応えを話した。

東京オリンピックへのカウントダウンはすでに始まっており、「選手選考は非常に難しいチョイスになってくる。オリンピックで勝つチームを作るためには、どういったコンビネーションが一番合うのかを徹底して調べていく」と、高さで他国と張り合えない分、日本の強みであるスピードやコンビネーションなどをいろいろと試しながら強いチームを作り上げているという。

「希望は高く持つべきで、メダルを目指すことを公言している。ただ多くの人がそれは不可能だと言うが、自分はミッションインポッシブルではなく、ミッションポッシブルだと思っている。選手がどういう組み合わせでやっていくか、いかにチーム力が上がっていくかによってメダル獲得に向けて練習をしていく」と東京オリンピックへの意気込みを語った。

3x3男子日本代表

「何をしないといけないかということは各個人、分かっている」

3x3のパイオニアとしてチームを牽引する落合知也は、「新年一発目の合宿で年末までやってきたことを確認しながら、今日は確認作業の合宿の一日目でした」と練習を振り、手応えについてもこう話した。

「前回から同じメンバーなのでコミュニケーションも簡単に取れましたし、チームケミストリーも徐々に出来上がっていると感じています。5月のアジアカップの選考も兼ねているので、そこの4枠を取りに行くつもりで練習をやっています」

落合もロイブルコーチと同様に「東京オリンピックではメダルを取ることが最低限の目標」と言うと、「そのために何をしないといけないかということは各個人、分かっているつもりです。僕は大きい選手とマッチアップすることが多いので、身体を張ることは求められています。あとは外角シュートをより精度高く決めていくこと、そこを意識して目標にむかって準備していきたいです」と意気込みを語った。

3x3男子日本代表チームは東京オリンピックの出場権を獲得しており、あとはいかにチーム力を高めることができるかが重要になってくる。Bリーガーにとっては過密日程の中での合宿で体力的には大変かもしれないが、目標達成に向けてよりチームケミストリーを高めていってほしい。

3x3バスケットボール男子日本代表チーム 第4次合宿参加メンバー
アイラ・ブラウン(F/大阪エヴェッサ)
小松昌弘(F/ TOKYO DIME.EXE)
落合知也(F/越谷アルファーズ・TOKYO DIME.EXE)
小林大祐(G/茨城ロボッツ・UTSUNOMIYA BREX.EXE)
永吉佑也(F/京都ハンナリーズ・KYOTO BB.EXE)
藤高宗一郎(F/大阪エヴェッサ・EVESSA.EXE)
橋本拓哉(G/大阪エヴェッサ)
保岡龍斗(G/秋田ノーザンハピネッツ・SEKAIE.EXE)
杉浦佑成(F/サンロッカーズ渋谷・TACHIKAWA DICE.EXE)
西野曜(F/専修大学3年・BEEFMAN.EX)

RECOMMEND