スパーズに朗報、昨シーズンのプレーオフで大ケガを負ったトニー・パーカーがコンタクト有りの練習を再開

2017/10/24
NBA&海外
235

写真=Getty Images

指揮官ポポビッチは12月中の復帰予定とコメント

昨シーズンのプレーオフ、ロケッツとの西カンファレンス準決勝で左足の四頭筋腱断裂という重傷を負ったスパーズのトニー・パーカー。当初の見立てでは復帰は来年になると言われていたが、予想を上回る回復を見せ、すでにコンタクト有りの練習を再開させたと、『mysanantonio.com』が伝えた。

ヘッドコーチのグレッグ・ポポビッチは、『mysanantonio.com』に「彼のリハビリは非常に上手く進んでいる」とコメント。また「今は2対2、3対3をフルスピードに近い形でやれている。1週間以内には5対5での練習も再開できるだろう。それからの状態を見たい」と続け、チームとしては12月中の復帰を目指していることを明かした。

辛いリハビリを続けているパーカーは、「ドクター・ポポビッチがそう言うのなら」と笑顔で語り、状態が良いことをアピールしている。

エースのカワイ・レナードの復帰時期に関する情報はないが、バックコートの選手層が厚いとは言えないスパーズにとって、パーカーの復帰は大変心強い。