千葉ジェッツ島田会長主催の『ファンの飲み会』、人生相談など熱いトークで大盛況

千葉ジェッツ島田会長主催の『ファンの飲み会』、人生相談など熱いトークで大盛況

2019/12/16

島田慎二

「新アリーナ、ポシャっていません!」

12月13日、西船橋のとあるお店で千葉ジェッツの島田慎二会長とファンが語らう『会長島田とざっくばらんに語らNIGHT』が開催された。これは千葉ジェッツの島田会長の発案による「ファンと飲む」企画で、今年2月に続く3回目の開催。島田会長はこの日のために作った、『ざっくばらんTシャツ』を着て登場。

この日、一同が集まったお店は千葉ジェッツが立ち上がった時に、最初の飲み会をした場所。さらに、天皇杯で3連覇した時の飲み会も行ったという、長い付き合いがあるお店。

「一回会ったらみんな友達なので、ざっくばらんに楽しくやりましょう!」という島田会長の挨拶から会がスタート。

今回の参加者は今までとは少し異なり、応募の際に『会長と話したいテーマ』を記入。熱い思いでその選考を通った23人が参加した。千葉ジェッツのファンはもちろん、経営者である島田会長と話したいという人、就活生、経営者など、また名古屋や岩手など千葉県外から来た参加者も。

当日はネームプレートに質問事項を記入し、4人1テーブルでお鍋を囲みながら各テーブルでの雑談から開始。参加者はそれぞれ初対面ではあっても、千葉ジェッツに対する熱い気持ちは同じ。そのためすぐに打ち解け、好きな選手の話や、いつもどの席に座って観戦しているかなど、ジェッツ愛を語り出すと話は止まらない。

会が始まって1時間ぐらいしたところで、事前に考えてきたトークテーマを元に島田会長とのQ&Aがスタート。質問をカテゴリー分けすると『千葉ジェッツ』、『新アリーナ』、『人生相談』の3つ。

島田会長は「最近、新アリーナの情報が出ていませんが、ポシャっていません! ちゃんと発表するから安心してください」と公言。参加者からは「アリーナがどこにできるのか」、「座席はどんな感じになるのか」という具体的な質問が飛び交い、「座席はすり鉢状にしてほしい」など、いろいろな要望も出てきた。これには島田会長も「すり鉢状にしたいところだけど、バスケット以外のエンターテインメントでも使いたいので、すり鉢すぎるとジャニーズとか呼べないんですよね(笑)」と回答し、参加者も納得していた。

島田慎二

他にも、就活生から「スポーツ業界で働きたいけど、どうしたら良いのか」との真剣な相談も。これには島田会長も熱く答える。途中、島田会長も「語らNIGHTが熱苦しいNIGHTになってきているけど大丈夫?」と確認するほど真面目な話題が続く。それでも最終的には、就活も仕事も「女性にモテる男は仕事ができるから、まずはモテることが大事」と、分かるような分からないような人生訓も飛び出した。

こうして参加者からの質問一つひとつに、丁寧かつざっくばらんに答え、当初2時間の予定が1時間半も延長。それでも話題は尽きなかったが、そろそろ終電の時間となりお開きに。最後は参加者にお土産も渡され、島田会長とMC新岡潤との写真撮影も実施。最初は初対面だった参加者たちも、「一回会ったらみんな友達」の言葉通り、最後は駅までお喋りをするなど、仲間も増えた楽しい会となった。

RECOMMEND