[ウインターカップ特集]林真帆&藤田和(岐阜女子)「最後の大会は桜花を倒して優勝したい」

[ウインターカップ特集]林真帆&藤田和(岐阜女子)「最後の大会は桜花を倒して優勝したい」

2019/12/21

林真帆&藤田和

岐阜女子は前年のウインターカップ優勝チームだが、今のチームで主力を務める林真帆と藤田和にその思いはない。藤田はケガで前回大会には出場しておらず、先発で試合に出ていた林も「何もできなかった」と振り返る。2人はこの1年間で努力を積み重ねることで実力と自信を得て、岐阜女子の主力としてウインターカップに臨む。前回は3年生に連れていってもらった優勝だった。今回はみんなを優勝という場所に連れて行きたいと、2人は意気込む。

「今は自分がキャプテンだと胸を張って言えます」

──まずはキャプテンの自己紹介からお願いします。

林 神奈川県の中川中学校出身の林真帆です。中学では市大会までで、県大会は出ていません。高校では1年で最後のウインターカップでベンチに入らせてもらって、2年生から試合に出始めました。キャプテンになって最初は不安がありましたが、今は自分がキャプテンだと胸を張って言えるようになりました。

──では藤田選手から、林選手の良いところを教えてください。

藤田 ……。

林 出てこない!? 悲しい!(笑)

藤田 責任感が強くて優しいです。プレーでは3ポイントシュートをきっちり決めてくれます。直してほしいところは、ボールキープをもうちょっと……(笑)。

──続いて、藤田選手の自己紹介をお願いします。

藤田 愛知県の藤浪中学校出身、藤田和です。中学では全国大会に出たのですが1回戦敗退、ジュニアオールスターには選ばれたのですが予選敗退でした。姉が岐阜女子にいて、自分のプレースタイルはここに合うと思って来ました。姉の背中を追ってきた感じです。

──林選手に、藤田選手の良いところを聞きたいです。

林 いつも冷静。頭が良いです。バスケットIQも学力もどちらもあります。プレーでは良いパスを毎回出してくれるし、最近はドライブでも点を取ってくれるので助かります。直してほしいのは怖い顔。何もしてないのに不意打ちで、すごい怖い顔でにらんでくることがあるんです。

藤田 怒ってるわけじゃないんですけど、嫌なことがある時に話し掛けられると「ん?」ってなります。怒ってないです。真顔です。

林 真顔が怖い(笑)。でもいろんなドラマを見て一人で「カッコいい!」ってキュンキュンしてます(笑)。

──寮が新しくなりました。やっぱり快適ですか?

林 快適です。お風呂もベッドも広くなりました。寮生活は楽しいし、寮生活によって気づけた部分もあったかなと思います。

藤田 共同生活をしているのでいろんな話ができるし、食堂が広くなってテレビが2つになって見やすくなったのが良いです。

林真帆

「ただ練習をこなしているだけにならないように」

──自分たちの代になってからの1年、ここまでを振り返るといかがですか?

藤田 昨年のチームは池田沙紀さんを中心とした攻めをしていましたが、今年は一人が点を取るのではなく、センターを中心にしてチームで攻めるスタイルを心掛けてやってきました。最初は合わないところも多かったのですが、今ではそこが強みになってきたと思います。

林 チームはインターハイで負けてしまって、そこから一人ひとりが自分で点を取りに行くことを意識しています。インターハイは中に頼りすぎてしまって負けた部分があったので。

藤田 私はインターハイで最後のシュートを決めきれなかったので、今はノーマークのシュートを確実に決められるように練習しています。ウインターカップまでにもうちょっと練習して、自分の中で強みにしたいと思います。

──安江監督は常に全国大会のファイナルを意識して練習するのが大事だと話していました。

林 ただ練習をこなしているだけにならないように、試合で使えるように細かいところまでこだわるよう意識しています。あとは常に良い雰囲気で練習することも心掛けています。私は最初、自分がキャプテンで本当に良いのかと思っていました。それまでは人前に立ってまとめることをやったことがなく、苦手意識があったんです。でも今は、雰囲気を盛り上げたい時は自分が一番声を出すこともありますし、自分がプレーで見せることによって、みんなに「自分もやらなきゃ」と思うように向かわせることもあります。3月とか4月はキャプテンとしてどうすれば良いか分からず沈んでいたのですが、「こんなことでクヨクヨしてる場合じゃない」って言ってくれる人もいて、確かにそうだなって立ち直ることができました。みんなに支えてもらいましたが、今では自分が岐阜女子のキャプテンだと胸を張って言えます。

藤田 個人的なことになるのですが、昨年のウインターカップにケガで出れなくて、新チームになっても復帰できませんでした。膝蓋骨の骨折をしてしまって、復帰できたのは東海新人の直前です。その間はプレーで見せたいことも見せられず、アドバイスするしかなかったんですけど、うまく伝えられているのかも分からず、チームを引っ張らなきゃいけないという気持ちもあって、すごく苦しくていっぱい泣きました。昨年のウインターカップでは3年生に日本一というところに連れて行ってもらいました。今年は自分がチームを日本一に導いて、その景色をみんなに見せてあげたいと思っています。

藤田和

「見てもらいたいのはカッコ良いプレーよりも泥臭さ」

──もう何年も、桜花学園と岐阜女子の『2強』が続いています。ライバル意識は強いですか?

林 1年生の時はウインターカップで負けてしまい、2年生も桜花さんには勝てないまま終わってしまいました。3年生はインターハイで負けてすごく悔しかったし、サポートしてくださっている方々に優勝という形で恩返しができなかったので、最後の大会は桜花さんを倒して優勝したいという気持ちが強いです。

藤田 まずは気持ちで負けないようにしたいんですけど、技術面ではディフェンスからブレイクを出すのを意識したいです。インターハイの最後はシュートを決めきることができなかったのですが、それはチームの差ではなくて個の力で負けただけだと思っています。ウインターカップではミスを少なくして桜花学園を倒したいです。

──チームの総力戦にはなりますが、まずは自分のマッチアップで負けないことも大事です。桜花学園は同じ東海地区ということもあり対戦する機会はこれまで何度もありましたよね。

藤田 同じガードの江村優有さんには負けたくないです。それと京都精華の高橋未来さん。自分はポイントガードというよりも相手のキーマンに付くことが多いので、どのチームと対戦してもそのカギとなる選手を常に意識しています。

林 桜花学園の平下愛佳さんは意識しています。2年生のインターハイですごくやられていまったので。その後も何度か対戦していますが、まだまだ足りない感じです。

──では、あらためてウインターカップの意気込み、個人的な目標を聞かせてください。

藤田 私は去年のウインターカップに出れなくて、チームは優勝してうれしかったけど、自分が出ていないことがすごく悔しかったです。それもあって今年のインターハイで負けた時、自分も悔しかったんですけど、応援してくださっている方に悔しい思いをさせてしまったと感じました。今回のウインターカップではそういう思いを絶対させないように、日本一になって恩返しをしたいです。見てもらいたいのはカッコ良いプレーよりも泥臭さです。「応援したい」と思ってもらえるような頑張っている姿を見せたいです。

林 私は去年のウインターカップに出たのですが、何もできていなくて、3年生に優勝というところまで連れていってもらいました。今年は自分がチームを引っ張って、みんなに日本一の景色を見せたいです。ウインターカップではマークが厳しいと思いますが、どんな状況でも3ポイントシュートが私の役割なので、決めきりたいと思います。

藤田 岐阜女子に入学して、私はバスケットの技術だけでなく、人間性の部分もすごく安江先生に指導してもらったと思っています。自分がここまで成長できたのは先生方のおかげなので、すごく感謝していますし、優勝することが何よりの恩返しだと思っています。

林 先生はすごく涙もろいところがあるので、最後は日本一になって泣かせたいです!(笑)

岐阜女子

RECOMMEND