川崎ブレイブサンダースを引っ張る新戦力の熊谷尚也「この緊張感を楽しんでいる」

川崎ブレイブサンダースを引っ張る新戦力の熊谷尚也「この緊張感を楽しんでいる」

2019/12/11

熊谷尚也

栃木ブレックス(現:宇都宮ブレックス)から大阪エヴェッサへ、そして川崎ブレイブサンダースへ。熊谷尚也はチームを渡り歩きながら成長を続け、自らのキャリアを高めている。栃木から大阪へはプレータイムを求めて、そして今回はタイトルを求めて。自らに高いハードルを課す熊谷だが、厳しさを楽しむメンタリティが、その強さの秘訣かもしれない。

ディフェンス能力には「まだまだ伸びしろ」

──今シーズンここまで、チームも熊谷選手も好調ですが、自分の感覚ではどうですか?

開幕戦で宇都宮を相手に2連勝できたことで、チームとしてはすごく良い入りができました。その後に富山に初黒星を喫して、驕っていたわけではないのですが、相手のペースに合わせてしまう弱さが出てしまって。自分たちのバスケットができたとは言えない試合はいくつかあるので、完成にはまだまだだと感じていますが、ここまで順調に勝ち星を積んでいる感覚はあります。

──プロキャリアをスタートされたブレックスとの開幕戦は、意識するものがありましたか?

正直、めちゃくちゃ意識しました。横浜アリーナというすごく大きな会場で古巣と対戦することに興奮していましたし、元チームメートが今も多いので意識しました。

──Bリーグ初年度には代々木第一体育館で、川崎を倒して優勝しています。

Bリーグ1年目のファイナルは代々木第一で、僕は栃木のメンバーとして優勝しました。今回はその時の対戦相手だったチームの一員となって横浜アリーナで戦うというのは不思議な感覚です。それでも開幕戦は素直に楽しんでプレーすることができました。

──佐藤賢次ヘッドコーチの求める激しいバスケットにはすぐ順応できたように見えます。

僕としてはフィットしている手応えがすごくあります。正直、ディフェンスがあまり得意ではないのですが、川崎に来てからチーム全員でディフェンスの練習をやってきて、チーム内ですごく競争しながら開幕まで準備してきました。そのおかげでこのスタイルの難しさは特に感じることなくプレーできています。

自分自身のディフェンス能力が上がっているとは感じますけど、1対1の強さだったりヘルプディフェンスのポジションだったり、まだまだ伸びしろも感じます。ただ、その中でもプレータイムはある程度もらえているので、そこに手応えはすごくあります。

熊谷尚也

「タフな環境を純粋に楽しめています」

──今回、大阪から川崎に移籍するにあたっては即戦力と期待されていたわけで、チーム内の競争が激しい中でもプレータイムを得られているのは予想通りですか?

いろんな方に『即戦力』と言っていただいたのですが、自分では全く思いませんでした。簡単には試合に出られない、ヘッドコーチの求めるディフェンスができないと出られないという意識で日々の練習に取り組んでいたので、気持ちの余裕は一切なかったですね。

ただ、新しいチームに来て新しいシーズンを迎えることはすごく楽しみで、入団会見で期待していただいていることも感じました。気持ちの余裕はなかったですけど、それを楽しみながら練習をしていたし、早く開幕して試合をしたいという気持ちでした。タフな状況でもあまりタフだと感じないというか、その環境を純粋に楽しめています。

今も楽しんでいるし、同時に危機感も持ち続けています。同じポジションの長谷川(技)さんや林(翔太郎)とは日々の練習から本当にバチバチでやっていて、少しでも手を抜けばやられてしまいます。その緊張感は常に持っていますね。

──中に入ることで分かった、川崎の特徴みたいなものはありますか?

全員が仲良しですね。どの選手と話していても楽しいし、日本人選手も外国籍選手も面白い人たちばかりです。それでコミュニケーションが取りやすいという面もあると思います。

──代表で一緒だった篠山竜青選手や辻直人選手とチームメートになりました。

2人に共通して言えるのは、すごく欲しがり(笑)。辻さんは大阪出身なので、バスケのこと以外となると常に笑いを考えています。竜青さんも似ていますが、好感度を欲しがります(笑)。そういうのをこちらがイジったりして、代表の時と変わらずイメージ通りです。

──これから年末にかけてタフな日程が続きます。どんな形で2019年を締めたいですか?

12月はタフな試合ばかりですが、目標はすべてのゲームに勝つことです。勝って年を越したいと思います。

RECOMMEND