『北の国から』が大好きな篠山竜青が語る、Bリーグオールスター@北海道の魅力

『北の国から』が大好きな篠山竜青が語る、Bリーグオールスター@北海道の魅力

2019/12/07

篠山竜青

4年目を迎えたBリーグは、『B.LEAGUE ALL-STARGAME 2020 IN HOKKAIDO』を2020年1月18日に北海きたえーるで開催する。1年目は代々木第一体育館での開催だったが、その後は熊本、富山と地方のバスケ人気の高まりに一役買っているオールスターは、今回は札幌での開催となった。

12月2日、その出場選手が発表され、ファン投票により決まったスタメンの10選手が会見に出席した。この会見を終えた『B.WHITE』の篠山竜青に、北海道の好きなところ、自身にとっての『スター選手』とは何かを聞いた。篠山は大好きな北海道での『バスケの祭典』に心躍らせるとともに、オールスターに選ばれた喜びと、Bリーグが誕生してからの環境の変化を振り返った。

「オールスターに選ばれていることにおびえている(笑)」

いろいろなところで言っていますけど、僕は『北の国から』が大好きなんですよ。ロケ地巡りで富良野に行ったりもしているし、社会人になってから毎年オフには美味しいものを食べに行ったり、ロケ地巡りで何年か連続で北海道に遊びに行ったりして。単純に北海道が好きなんです。シーズン中の遠征だと外出はできないですが、今回はオールスターなのでご飯は食べに行けると思います。お寿司が食べたいし、ジンギスカンも食べたい(笑)。

僕はオールスターに連続で選ばれていることに驚いているというか、おびえているというか(笑)。最近から見ている人にとってはずっと代表でオールスターのイメージかもしれませんが、代表歴も浅いし、Bリーグ1年目は観客席で見ていた側です。Bリーグができて日本代表に入って、これだけ変わるんだなと毎年ヒシヒシと感じています。

篠山竜青

お笑い芸人の方のフリートークはすごく勉強になる

スターとはどんな存在か……。僕にとってはいろんなジャンルのいろんな人たちがロールモデルなんです。今日もそうですけど、お笑い芸人の方のフリートークはすごく勉強になると思って見ていますし、いろんな競技の代表選手の会見やインタビューでの立ち居振る舞いや発言にも注目しています。バスケット人気を一過性のものにせず、文化にしていきたいというのも、実はなでしこジャパンの宮間あやさんの丸パクりです。いろんなものを吸収しているんです。

子供の頃のスター選手はアレン・アイバーソンでした。ボールハンドリングとかクロスオーバーでのボールの扱い方とか振り幅は学ぶことが多かったです。背はあまり大きくないけど腕が長いのが共通点なので、ディフェンスでの手の出し方とかは真似していました。あとはファッションアイコンだったので、オーバーサイズのダボダボのシルエットの服なんかを真似して着ていましたね。今はユニフォームが小さくなってきていますけど、僕は今もアイバーソンの影響でひざが隠れるぐらいのユニフォームの方が好きなんです。

RECOMMEND