えひめ国体での必勝を誓う高校バスケ界の『ドリームチーム』福岡県代表を率いる井手口孝&片峯聡太「強さを見せ付けます」

2017/10/01
プレーヤー
1000

文・写真=古後登志夫

えひめ国体のバスケットボール競技は本日開幕。『少年男子』の部には福岡県代表チームが出場するが、このチームは昨年の高校2冠を達成した福岡第一と、この夏のインターハイを制した福岡大学附属大濠からメンバーが選抜された『ドリームチーム』だ。その福岡県代表を率いるのは福岡第一の井手口孝監督、そして福岡大学附属大濠の片峯聡太監督はアシスタントコーチとしてチームに加わる。「やるからには優勝」と言う2人に意気込みを聞いた。

福岡大学附属大濠と福岡第一がチームを組んで参加

──ウインターカップ優勝チームとインターハイ優勝チーム、今回の国体はすごいチームで臨むことになります。

井手口 福岡はいつもそういう環境でやっていますから。インターハイやウインターカップという結果はもちろんすごいことですが、そういうことを抜きにしても福岡のバスケットが一番強いんだということを皆さんに見ていただけるように、みんなで力を結集してやります。

──ライバルチームが一緒になるわけですから、まとめるのは大変なのでは?

片峯 我々アシスタントコーチとしては、選手たちにどれだけ懸命にプレーさせるか、泥臭くやらせるかが一番大きな仕事です。もちろんコートの中でもそうですし、試合に向かうところでも抜け目なくしっかりやって、井手口ヘッドコーチのサポートを全力でやるつもりです。

井手口 ライバルとは言いますが、最近は仲が良いですよ。それこそ僕がやり始めた頃は大変だったけど、片峯先生が選手の頃にはもう『チーム福岡』という雰囲気が出来上がっていました。それは僕らだけじゃなく、いろんな先生たちの協力があったおかげです。今回も、たまたま選ばれたのは大濠と第一の選手だけですが、福岡には他にも力のある選手がいっぱいいる中での代表だから、意識は高いですよ。

──これだけのチームなので「勝って当然」と見られます。プレッシャーはありませんか?

井手口 僕らにとってはいつもそうです。「2つあるから強いよね」みたいなことはいつも言われるじゃないですか。

──変な質問ですが、インターハイやウインターカップで負けたり出場しなかった時、大濠に優勝してほしいと思うものですか?

井手口 そうなりますね。

──逆の立場になったら片峯先生はどうですか?

片峯 正直に、勝ってもらいたいと思いますね。

井手口 そこは確かに難しい感情になりますが、自分たちに勝ったチームが負けるより、勝ってくれたほうがいいですから。

──では、国体に向けた意気込みをお願いします。

井手口&片峯 愛媛で『チーム福岡』の強さを見せ付けられるよう、しっかり頑張ります!


えひめ国体に参加する福岡県代表チーム

井手拓実(福岡第一 3年)
小野絢喜(福岡第一 3年)
松本礼太(福岡第一 3年)
松崎裕樹(福岡第一 2年)
古橋正義(福岡第一 2年)
永野聖汰(福岡大学附属大濠 3年)
中崎圭斗(福岡大学附属大濠 3年)
中田嵩基(福岡大学附属大濠 2年)
横地聖真(福岡大学附属大濠 1年)
ディアラ・イソフ(福岡第一 3年)
井上宗一郎(福岡大学附属大濠 3年)
バムアンゲイ・ジョナサン(福岡第一 3年)