アルバルク東京で7シーズンを過ごした伊藤大司、開幕直前の期限付移籍でレバンガ北海道に移籍

2017/09/27
Bリーグ&国内
70

写真=野口岳彦

北海道にとってはポイントガードの大きな戦力アップに

レバンガ北海道は今日、アルバルク東京のポイントガード、伊藤大司を期限付移籍で獲得したことを発表した。

伊藤はポートランド大学を卒業した後にトヨタ自動車に加入。ディフェンスとゲームメークに長けたオールラウンドな能力を生かして先発ポイントガードとして活躍。Bリーグ初年度の昨シーズンはディアンテ・ギャレットの加入により先発出場は4試合と激減したが、それでもゲームに落ち着きをもたらしたい場面で存在感を発揮し、17.2分のプレータイムを得ていた。

しかし、今オフには兄の伊藤拓摩がヘッドコーチを外れ、小島元基、安藤誓哉と若いポイントガードが加入。伊藤は先日の三遠ネオフェニックスとの練習試合にも出場していたが、開幕直前のこのタイミングでチームを離れることになった。

北海道は多嶋朝飛、松島良豪とポイントガードが2枚体制で、伊藤の加入は大きい。

伊藤はチームを通して次のようなコメントを発表している。「チーム関係者の皆様、この様な機会を与えてくださりありがとうございます。プロ8年目で初めて新たな地でプレーすることになりましたが、チームの勝利のため、レバンガ北海道のファンの方々のために、全力を注ぎ一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします」