去就不透明のカーメロ・アンソニー、ニューヨークでラッセル・ウェストブルックとピックアップゲームを行い汗を流す

2017/09/10
NBA&海外
238

写真=Getty Images

アンソニーがニックスに残れば開幕戦で激突する2人

NBAスター選手にとって、今夏はニューヨークがホットスポットになっているようだ。先日、レブロン・ジェームズ、ケビン・デュラント、カーメロ・アンソニーらが一堂に会したピックアップゲームが話題を集めたのは記憶に新しい。今回は、昨シーズンのMVPを受賞したラッセル・ウェストブルックがアンソニーらとピックアップゲームで汗を流した。

アンソニーのトレーナーを務めるクリス・ブリックリーが投稿した動画には、他を圧倒するドライブからレイアップ、ジャンプシュートを沈めるウェストブルックや、自分のリズムからシュートを淡々と決め続けるアンソニーの様子が収められている。

@carmeloanthony ? @russwest44 ?? M7 @blackops.basketball sessions?? Stay tuned for more footage on the @blackops.basketball page

Chris Brickleyさん(@cbrickley603)がシェアした投稿 -

前回レブロンやデュラントが参加したピックアップゲームと同様に、会場として使用されたのはニューヨークの『Life Time Athletic at Sky』で、オフの間ニューヨークに滞在しているサンダーのエネス・キャンターも再び参加している。

ウェストブルックは、ニューヨークで開催されているファッションウィークに参加するため現地に滞在中で、調整がてら今回のピックアップゲームに参加したのだろう。また、レブロンがウェストブルック、アンソニーとの超豪華スリーショットを同じくInstagramに投稿している。

Real Ones Never Change! My Gs. #StayMelo???? #WhyNot????♂? #StriveForGreatness??

LeBron Jamesさん(@kingjames)がシェアした投稿 -

サンダーから提示されていると言われる2億ドル(約216億円)超の『スーパーマックス契約』に関する返事を保留し続けているウェストブルックとは異なり、アンソニーの去就は定まっていない。ロケッツにトレードされる場合に限り、契約に含まれるトレード拒否条項を破棄して移籍を受け入れる、というのが本人の意思。だが現時点でニックスとロケッツの交渉は行き詰まってしまっている。

すでに戦力外扱いのアンソニーがニックスの選手としてレギュラーシーズン開幕を迎えても、良くてベンチ起用、悪ければメンバーから外される可能性も十分に考えられる。ちなみにニックスの開幕戦は、10月19日にチェサピークエナジー・アリーナで予定されているサンダー戦だ。

NBAのトレーニングキャンプは9月26日から始まる。それまでにアンソニーを取り巻く問題は解決しているのだろうか。