川崎ブレイブサンダースを託された佐藤賢次ヘッドコーチ、合言葉は「競争」

2019/08/29
Bリーグ&国内
3261

川崎ブレイブサンダース

新選手加入によるチーム内競争でチームを底上げ

川崎ブレイブサンダースは今日、2019-20シーズンに向けたプレスカンファレンスを行い、元沢伸夫社長、北卓也GM、佐藤賢次ヘッドコーチと新外国籍選手のマティアス・カルファニ、ジョーダン・ヒースが参加した。

川崎は今オフにヘッドコーチの交代、新たにアシスタントコーチ2名の加入、さらに大塚裕土と熊谷尚也という補強で注目を集めた。これまで補強はルーキーが中心で、ベテラン選手の加入はBリーグになって初めて。佐藤ヘッドコーチは、新チーム始動からの雰囲気についてこう語る。

「チームには『競争』という合言葉を掲げていて、他にもコミュニケーションを大切にしています。ヘッドコーチ経験者のアシスタントコーチが2人来てくれたことで、新しいバスケット、新しい知識、新しい考えが確実にもたらされているし、新しい選手が来てくれたことで違ったスタイルが生まれつつある。それをチームとして形にしていくために、以前よりもいろいろなところでコミュニケーションが増えています」

「川崎はディフェンスのチーム、これはヘッドコーチが代わってもこの軸は変わらない。選手には常にBe Readyと言っています。Bリーグが開幕してインテンシティがどんどん高くなっている中で、今まで通りだと相手に先に準備をされてしまう。どんな時でも常に相手より先に準備をすることを徹底して、動き出しを早くしたり、例年以上に激しいトレーニング、走り込みをやっています」と、新シーズンに向けたチームの取り組みを話した。

カルファニとヒースの獲得についても、佐藤ヘッドコーチはこう明かす。「一番映像で見ていたのは、選手がベンチに戻った時にどういう顔で戻るか、ベンチメンバーがどう迎えていたかとか。そういうところで人間性をチェックしていました。どんなにスキルが素晴らしくても、人間性がない選手とは一緒にやりたくないけど、あの2人はそこが素晴らしいし、ハードワーカーなのですごく動いてくれます。さらに2人はディフェンスにプライドを持った選手です」

チーム内の競争を煽り、ディフェンスを軸として激しいプレーをする。それでいてコミュニケーションも大切にしていく。これが佐藤の掲げる新たな川崎の姿だ。

昨シーズンは来客数が前年対比で121%向上するなど事業面は好調。元沢社長は「昨シーズンに上手くいった事業をもっと良い方向に変えられないかという攻めの姿勢を徹底的にやる」と意気込むが、チームが結果を出すのも大事。優勝候補と言われながらNBLラストシーズンの優勝を最後にタイトルから遠ざかっており、昨シーズンは1年を通して調子が上がらなかった。

そこから反攻に転じるための組織の大幅改変。佐藤ヘッドコーチが率いる新たな川崎ブレイブサンダースがどのようなケミストリーを起こすのかに注目したい。