栃木ブレックスの優勝に貢献した須田侑太郎、琉球ゴールデンキングスへ移籍決定!

栃木ブレックスの優勝に貢献した須田侑太郎、琉球ゴールデンキングスへ移籍決定!

2017/06/25

写真=野口岳彦

「自分のやるべきことを全うし続けます」と宣言

栃木ブレックスの須田侑太郎が琉球ゴールデンキングスに移籍することが決まった。今日、両チームが発表している。

須田は北海道出身の25歳、栃木では3シーズンプレーした。ルーキーイヤーはプレータイムをほとんど得られなかったが、地道な努力を重ねて成長。Bリーグ初年度のシーズン、ケガの古川孝敏の代役として先発出場していた前半戦に数字を残したが、インパクトはむしろベンチスタートで能力を発揮した後半戦。特にチャンピオンシップの勝負どころで、チームの総合力で勝ち抜いた栃木の『強さ』をベンチから支えた。

須田の魅力は身体能力を生かしたハードワークと堅守。また日々の練習に決して手を抜かない姿勢は、栃木の多くの選手がわざわざ名を挙げて称賛するほど。須田とともにセカンドユニットとしてチームを支えた熊谷尚也は「ウチは全員、練習に取り組む姿勢がすごく良いのですが、その中でもこの1年で一番成長したのは須田です」と断言している。

琉球の新たなヘッドコーチとなる佐々宜央はかつて栃木でコーチを務めており、須田のプロフェッショナル精神もはっきりと理解していたのだろう。

その須田はクラブを通してコメントを発表している。

「この度、琉球ゴールデンキングスでプレーさせて頂くことになりました、須田侑太郎です。このような素晴らしい機会を与えて下さった木村社長をはじめとする球団関係者の皆様に感謝申し上げます。着実に前進しているこのチームの一員として戦えることがとても嬉しいです。チームと共に成長し、目標を達成するために自分のやるべきことを全うし続けます。熱いキングスファンの皆様に応援していただける選手になれるよう、覚悟を持ってプレーします」

新たな指揮官を迎えたことに加え、石崎巧、二ノ宮康平、アイラ・ブラウンと粛々と補強を進める琉球。新チームの全容はまだ見えないが、期待を持たせる存在であることは間違いない。

RECOMMEND