復帰に向けて準備万端、スパーズのデジャンテ・マレーがティム・ダンカンと特訓中

2019/08/12
NBA&海外
4171

デジャンテ・マレー

昨シーズン開幕前に負った前十字靭帯断裂から復帰

昨年のプレシーズンゲームで右ひざ前十字靭帯を断裂する重傷を負ったスパーズのデジャンテ・マレーが、復帰に向け本格的な練習を再開させた。

マレーは、スパーズの練習施設で、先日アシスタントコーチ就任が発表されたティム・ダンカンらと練習する画像をInstagramに投稿。ダンカン以外にも、レジェンドのマヌ・ジノビリも姿を見せるなど、スパーズは一丸となってマレーの復帰をサポートしている。

マレーは、仲間たちへの感謝をこう綴っている。

「自分を支えてくれた神様、トレーニングスタッフ、チームドクター、コーチ、チームメート、家族、友人に御礼を言いたい。今日、医師とスパーズのスタッフから、制限なしで練習する許可をもらえた。これで、100%の状態でトレーニングキャンプに臨むことができる」

「前十字靭帯を断裂したこと、手術を受けたことが、まるで昨日のように感じる。ハードワークのおかげで、ここまで来ることができた。この8カ月、週に6日トレーニングしてきた。そして、復帰の妨げになるような雑音をブロックして努力してきた。チームの優勝に貢献したいし、偉大な選手になるという個人としての目標も達成したい」

「ケガに苦しみ、気持ちが落ち込んで、諦めたい気持ちになっているアスリートのみんなに伝えたい。命が取られるようなことではないし、それが自分を強くしてくれる。練習しよう。自分にしかできない練習をするんだ。誰の責任でもないのだから」

完全復活が近いマレーには、昨シーズン全休した悔しさをコート上で晴らしてもらいたい。

この投稿をInstagramで見る

I Just Want To Thank God, My Training Staff, Team Doctor’s, Coaches, Teammates And My Family And Friends For Being With Me Through It All! Today I Got CLEARED By My Doctor’s And The Whole @Spurs Staff To Finish Out My Summer Strong With No Limitations And Be 100% Ready To Go For Training Camp!! 🙏🏽 It Feel Like Yesterday I Tore My ACL And Had Surgery. Hard Work Really Pays Off, For 8+ Straight Months I Worked 6 Days A Week And Blocked Out All Distractions From Stopping My Come Back And To Help My Team Compete For A Championship Also Chasing My Individual Greatness! To All The Athletes Out There Dealing With An Injury And Feel Depressed, Sad And Just Wanting To Give Up, Just Know What Doesn’t Kill You Makes You Stronger. Get To Work And Work Like No Other Because No One Is Going To Feel Bad For You!! 💯 #DM5Back🖤

Dejounte Murrayさん(@dejountemurray)がシェアした投稿 -