MVP初受賞、バックスのアデトクンボが男泣き「どんな時も正しい行いをしてきた」

2019/06/25
NBA&海外
7849

ヤニス・アデトクンボ

「父の存在が僕をプッシュしてくれた」

6月24日、2018-19シーズンの各賞を発表するNBAアウォーズが開催され、バックスのヤニス・アデトクンボがキャリア初のシーズンMVPを受賞した。

アデトクンボは、6年目の18-19シーズンにキャリアハイとなる平均27.7得点、12.5リバウンド、5.9アシストを記録。プレーオフでは惜しくもカンファレンス・ファイナルでラプターズに敗れたものの、チームを年間60勝、東カンファレンス首位に導く原動力となった。

壇上に立ったアデトクンボは、球団、チームメート、コーチ、家族に対する感謝の言葉を述べ始めると、次第に言葉に詰まり、涙を流してMVP受賞を喜んだ。2年前の9月下旬に心臓麻痺により54歳の若さで急逝した父、そして母と兄弟についてアデトクンボが語った内容は以下の通り。

「父はもうそばにいないけれど、父が亡くなってから『このリーグのベストプレーヤーになる』、『チームの勝利のためなら何でもやる』、『必ずMVPを受賞してみせる』という気持ちで取り組んできた。コートに立つたびに父のことを考えた。父の存在が僕をプッシュし、よりハードにプレーするモチベーションになったんだ。身体が痛くても、プレーしたくない気分の時も、どんな時もプレーして、正しい行ないをしてきた」

「兄弟にも感謝している。愛しているよ、みんな。僕にとっては、兄弟がロールモデルであり、尊敬している存在だ。僕のためにしてくれていることのすべてに感謝している。そして、僕にとって最高の母にも感謝を伝えたい。本当に素晴らしい母です。母は僕のヒーローです。良い両親は子供の未来を見いだしてくれます。母は僕たちの未来を考え、僕たちの力を信じ、いつだって近くにいてくれました。母は真のヒーローです。家族の支えです。僕にとっての真のヒーローは、母です」

NBAベストプレーヤーの称号を手に入れたアデトクンボが次に達成したい目標は、バックスでの優勝だ。来シーズンも、リーダーとしてチームを引っ張るアデトクンボに期待したい。