ステファン・カリー、闘病中のクレイグ・セイガーに感謝の気持ちを伝える

2016/03/31 22:00

Couldn't have said it any better. #SagerStrong

Golden State Warriorsさん(@warriors)が投稿した動画 -

カリー「あなたが病気と戦う姿に感化されている」

3月29日にオラクル・アリーナで行なわれたウィザーズ対ウォリアーズ。この試合でサイドラインリポーターを務めたクレイグ・セイガーに向けた、ステファン・カリーのコメントが話題になっている。

急性骨髄性白血病と闘っている米ネットワーク『Turner Sports』の名物リポーターは、先日、医師から余命宣告を受けたことをインタビュー番組で告白した。

それ以降、コビー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、クリス・ポールなど多くのNBAプレーヤー、ヘッドコーチ、関係者らがエールを送る中、ウィザーズとの試合後にセイガーのインタビューに応じたカリーも、本人に直接激励の言葉を送った。

「オールスターブレイク以降は休んでいないようだが、スパーズらは主力に休養を与えている。今後チームが休養を与える予定は?」というセイガーの問いに対してカリーは次のように答えている。

「あなたのしていることを見ている僕たちが? 言い訳は許されない。あなたが僕らを感化してくれているからこそ、僕たちは自分たちのすべきことを継続してやれている。あなたは戦い続けている。それが僕たちのメンタリティでもある。感謝していますよ」

RECOMMEND