滋賀レイクスターズ、シーホース三河でキャプテンを務めた狩俣昌也との契約を発表

2019/06/06
Bリーグ&国内
6178

狩俣昌也

優れたリーダーシップを持つベテラン司令塔

滋賀レイクスターズは今日、シーホース三河から狩俣昌也を獲得したことを発表した。

狩俣は沖縄県出身のポイントガード。安定したゲームメークとリーダーシップに定評があり、昨シーズンの三河ではキャプテンを務めていた。三河ではBリーグ初年度の2016-17シーズンから3年間プレー。最初の2シーズンは橋本竜馬に続く2番手だったが、その橋本が退団した今シーズンに若手を優先する起用法の煽りを受ける形を受けていた。それでも、どんな試合状況で投入されてもチームに貢献できる安定感はあり、三河にとって彼の流出は少なくない痛手となる。

滋賀を率いるショーン・デニスは移籍のリリースの中で、狩俣に次のような期待を寄せている。「狩俣選手はその能力に長けており、チームとしてより攻撃的なディフェンスができるようになるはずです。スリーポイントの決定力もインサイドアウトを基点とするオフェンスで重要な役割を果たしてくれるでしょう。また彼のリーダーシップが勝利のカルチャーを醸成していくことを手助けしてくれると期待しています」

狩俣は次のようなコメントを発表している。「自分自身が選手として、人間として成長し、チームの力になり、少しでも多くの方に応援して頂けるように、直向きに頑張りたいと思います」

滋賀は高橋耕陽や佐藤卓磨、中村功平と才能ある若手にプレータイムを与えて成長させると同時に、伊藤大司や荒尾岳など経験あるベテランを要所に組み込むことで、バランスの良いチームを作ってきた。今回、狩俣と契約したことも、有効な補強となりそうだ。