琉球 須田侑太郎が「選手として更なる成長を求めて」アルバルク東京へ移籍

2019/06/03
Bリーグ&国内
7086

須田侑太郎

須田の新加入と外国籍選手2名の自由交渉リスト入りを公表

アルバルク東京は今日、須田侑太郎が新加入することを発表した。

須田は、Bリーグ初年度には、セカンドユニットの貴重な戦力として栃木ブレックスで優勝を経験。翌年からステップアップを求めて琉球ゴールデンキングスに加入すると、定評のあるタフな守備を軸とした攻守に渡るハッスルプレーで2年連続の地区優勝に貢献した。また、攻撃ではゴール下へのアタックなど自ら仕掛ける打開力を向上させており、3連覇を目指すアルバルク東京においても主力の一員として大いに期待される。

「この度、アルバルク東京でプレーさせていただくことになりました須田侑太郎です。歴史と伝統のある素晴らしいクラブでプレーさせていただけることを大変嬉しく、光栄に思っています。今回の決断は私の中で非常に大きなものです。その決意と覚悟を持ってチームの成功の為に尽力いたします。応援して下さる全ての皆様の日々の活力になれるよう、邁進してまいります。どうぞ宜しくお願い致します」と、チームを通してコメントを発表している。

沖縄のファンの方に対しては、「優勝という目標を皆さんと達成することができませんでしたが、チームがどんな時でも共に闘って下さったファンの皆様には本当に感謝しています。特に試練の多かった今シーズンは、改めて皆様の存在のありがたさや心強さを心の底から感じることできました。そんな愛の溢れる素晴らしいチームでプレーさせていただけたことを本当に幸せに思いますし、私のバスケット人生において大きな財産となりました」と、感謝の気持ちを語った。

須田はA東京とのチャンピオンシップセミファイナル第2戦で、GAME3に持ち込む値千金の3ポイントシュートを決めている。そんな勝負強さを持つ須田を獲得できたことは、A東京にとって大きな補強となった。

またA東京は、ジャワッド・ウィリアムズ、ミルコ・ビエリツァの2名が契約満了となり、自由交渉選手リスト入りしたことを公表した。