最終戦に勝利するもプレーオフ進出を逃したヒート指揮官「バスケットボールの神様が我々に光を照らしてくださらなかった」

2017/04/13
NBA&海外
756

写真=Getty Images

直接対決の戦績でブルズにプレーオフ出場を譲る

4月12日、NBAはレギュラーシーズン全日程を終え、東西カンファレンスからプレーオフに進出する全16チームが決定した。

最終戦では、東の7~8位を懸けた3チームによる争いに注目が集まった。結果は、42勝40敗のペイサーズが7位通過、そして8位にはブルズが滑り込んだ。ブルズとヒートは41勝41敗で並んだものの、今シーズンの直接対決で2勝1敗と上回るブルズが上位に入り、ヒートの9位が確定した。

試合後の会見場に現れたヒート指揮官のエリック・スポールストラは、着席後しばらく下を向いたまま言葉を発することができなかった。それでも言葉を詰まらせながら、「今日以上にチームのために結果を望んだことはなかった」と語り始めた。

「チームスポーツに携わることを希望する人間なら、我々のようなチームの一員になりたいと思うはずだ。数カ月の関係とはいえ、お互いのことを知り、理解していた。困難を乗り越え成長できた。このチームの一員でいられることを光栄に思う。できることなら、これからも前進し続けるための結果を残したかった。チーム全員が感じているだろうが、明日の練習がないことを受け入れられない。バスケットボールの神様が我々に光を照らしてくださらなかったようだ……」

ヒートは開幕からの41試合を終えた時点で11勝30敗と大きく負け越し、その時点でポストシーズン進出は難しいと思われた。だが、後半の41試合をリーグ2位の30勝11敗というハイペースで巻き返し、最終戦まで東7~8位争いを盛り上げた。

ヒート一筋14年のユドニス・ハスレムは「良い時も悪い時もあったけれど、このグループは試合を楽しむ気持ちを決して忘れなかった」と、今シーズンを振り返った。

「日々の練習を楽しんだ。心から全員で取り組む仕事を楽しんだんだ。皆で競い合うことを楽しんだ。全員で成長し合うことを楽しんだ。これまでの旅路は本当に楽しかった」

生え抜きのドウェイン・ウェイドがチームを去って迎えた1年目のシーズン、ヒートはビッグネームこそ少ないが、ハッサン・ホワイトサイド、ゴラン・ドラギッチといった若手を中心に一丸となって戦い、シーズン開幕前の低評価を覆すことに成功した。同じメンバーで来シーズンを迎えられる保証はない。だが、スポールストラの言葉を借りれば、この屈辱を飛躍の肥やしにして前進し続けるしかない。

プレーオフ1回戦の組み合わせは次のとおり。15日から長く熱いポストシーズンがスタートする。


東カンファレンス プレーオフ1回戦
セルティックス 1位 - 8位 ブルズ
キャバリアーズ 2位 - 7位 ペイサーズ
ラプターズ 3位 - 6位 バックス
ウィザーズ 4位 - 5位 ホークス
西カンファレンス プレーオフ1回戦
ウォリアーズ 1位 - 8位 トレイルブレイザーズ
スパーズ 2位 - 7位 グリズリーズ
ロケッツ 3位 - 6位 サンダー
クリッパーズ 4位 - 5位 ジャズ