『日本一丸』、応援の力を感じる馬場雄大「プレッシャーに勝ち、みんなで勝利を」

2019/02/19
日本代表
2684

馬場雄大

文=鈴木健一郎 写真=野口岳彦 取材協力=バスケットLIVE

アウェーの難しさは「あまり気にせず戦いたい」

バスケットボール男子日本代表は、ワールドカップ予選のラスト2試合に向けた準備を進めている。オーストラリア相手の歴史的勝利を皮切りに6連勝、チームには勢いがあるものの、ラスト2試合は2月21日のイラン戦、24日のカタール戦とも難しいアウェーゲームとなる。ここ3試合は国内での試合が続き、ホームアドバンテージの優位を強く感じた今だからこそ、アウェーの厳しさは強く感じるところ。それでも、ここで勝ってワールドカップ行きの切符を手にしなければ日本のバスケは大きく後退してしまう。

それでも、選手たちに臆する部分はない。ここまでのワールドカップ予選を通じてチームも選手それぞれもレベルアップを重ねてきた。その自信を若い馬場雄大はこう語る。「最初は(フリオ)ラマス監督のバスケもあまり浸透していない中で、勝ち方が分からない状況だったと思うんですけど、八村(塁)選手やニック(ファジーカス)選手、渡邊(雄太)選手と世界を舞台に羽ばたいている選手が道しるべとなってプレーしてくれたおかげで、自分たちも日本のバスケとは何かを考えさせられたし、体現できたことが結果に繋がっていると思うので、ただの6連勝ではなくて自信を持って戦って結果を残した試合です。自分たちの自信に繋がっている今の結果だと思います」

今回はアウェーの難しさに直面する。「前回の2試合はすごい声援の下、ホームコートでやれました。次の2試合はアウェーということで、しかも移動や時差のある中でハードな戦いになると思うんですけど、ワールドカップ出場という大きな目標に向けて『日本一丸」となって戦っていきたいですし、今求められているのは結果だと思うので、プレッシャーに打ち勝って、みんなで勝利という瞬間を味わいたいです」

馬場雄大

「ただ楽しみながら一生懸命にバスケをしているだけ」

「僕たちプレイヤーはファンの皆さんの声援があってこそ輝ける」という馬場は、大学生からプロになり、日本代表の主力として定着する過程でファンの声援に支えられていることを実感してきたと言う。今年1月のBリーグオールスターではファン投票で1位を獲得するなどリーグ屈指の人気者になっているが、本人は「人気者という自覚はないですね」と照れ笑い。

「期待の表れだとは思うんですけど、正直に言って自覚は全くないです。ひたむきにただ楽しみながら一生懸命にバスケをしているだけなので。その姿をファンの方が見て、応援したいとか、ポジティブに考えてくださる方が多いのはうれしいですけど、まずは自分が楽しむことが一番だと思うので、そこを感じ取ってほしいなと思います」

日本バスケットボール応援プロジェクト、『日本一丸』で代表チームを応援!

あっという間に日本代表の主力へと成長したが、コートを離れた時の馬場は以前と変わらず自然体であり続けている。「張本人はその変化を感じてなくて、同じ気持ちで同じ夢を持ってやっている状態なので、そこで変化というのは僕自身あまり感じてないです。周りの環境は変わったなと思うんですけど、僕の取り組む姿勢だとかは全く変わってないんで、あればぜひ教えてくださいという感じです(笑)」

変化があるとしたら、オフコートの時間の過ごし方だそうだ。「一人の時間がプロになって増えて、その時間を有効活用したいと思って、学生の時は全く思わなかったんですけど(笑)、読書だったり英語の勉強だったり、未来に繋がる過ごし方を自然とするようになりました。周りが与えてくれた環境があったからこその意識の変化かもしれないですし、自分自身と向き合う時間はすごく増えました」

そんな馬場は今の立場に驕ることなく、自然体で成長し続けるに違いない。「応援してくれるファンのためにも」と意気込む彼のWindow6での活躍に、大いに期待したい。