2月8日の茨城戦、広島ドラゴンフライズがキャプテン朝山正悟の応援イベントを実施

2019/02/06
Bリーグ&国内
2008

朝山正悟

提供=ソフトバンク株式会社

公認ショップでの抽選会でサイン入りポスターが当たる

B1と同様にB2もシーズン後半戦に入り、ポストシーズンを見据えて戦いが激化している。注目すべきは西地区の上位争い。ここまで37試合を終えて、西地区では熊本ヴォルターズと島根スサノオマジックが27勝10敗で並び、広島ドラゴンフライズが2ゲーム差で追っている。

B1昇格を目指すこの3チームによる競争は、Bリーグ初年度の2016-17シーズンと同じ構図。この時は島根がB1昇格を勝ち取り、広島は入れ替え戦まで進んだものの最後で一歩届かず、横浜ビー・コルセアーズに敗れて昇格を逃した。

あれから2年、あの入れ替え戦で横浜を率いていた尺野将太が広島のヘッドコーチを務めているのは少なからず不思議な気がするが、朝山正悟はこの間ずっとキャプテンとしてチームを支えている。その朝山は前節の愛媛オレンジバイキングス戦をインフルエンザで欠場。これで取りこぼしが許されない相手に連敗を喫し、三つ巴の昇格争いから一歩後退することになった。

クラブは後半戦の巻き返しを実現し、B1制覇を成し遂げるため、このタイミングになってNBA通算513試合出場の実績を誇るカール・ランドリーを補強。熊本、島根とのデッドヒートはシーズン最終盤まで続くことが予想され、前節の連敗を取り戻す余地は十分にある。朝山の復帰は見込めるため、ランドリーをいかに早くチームにフィットさせるかが大事なポイントだ。

これから迎えるシーズンの正念場に向けてチームに勢いを与えるべく、2月8日の茨城ロボッツ戦では「ドラゴンフライデー」を開催。『The ASAYAMA Night』と題したイベントを実施する。会場となる広島サンプラザホールで、朝山の限定ポスターを先着3000名に配布、この日のために作られた限定Tシャツなどの朝山劇場グッズも販売される。

Bリーグスタンプではさらなる特典を実施。2月9日から11日までの期間、会場でスタンプを押印することで抽選券がもらえ、公認ショップ5店舗(アルパーク店、本通駅前店、ゆめタウン廿日市店、ゆめタウン広島店、横川駅店)での抽選では、朝山のサイン入り限定ポスターが各店舗5名に当たる。また、回線契約でホームゲームチケットが、希望試合観覧後のバックヤードで出場選手のサイン入りTシャツがプレゼントされる。

『3度目の正直』で広島が初のB1昇格を果たすためには、朝山の勝負強さとリーダーシップが欠かせない。今回のイベントは朝山にとって大きな力となるはずだ。