球宴でキャプテンに選出されたアデトクンボ、『犬猿の仲』の2人の指名を示唆

2019/01/26
NBA&海外
9807

ラッセル・ウェストブルック

写真=Getty Images

実現すれば刺激的なチームに

NBAオールスターゲーム2019で、チームキャプテンに任命されたバックスのヤニス・アデトクンボが、早速オールスタードラフトで指名する選手について言及した。

アデトクンボは、スターターに選出されたセブンティシクサーズのジョエル・エンビード、そしてリザーブに選出されることが濃厚なラッセル・ウェストブルックを指名する可能性を示唆した。

「大事なのは愛情だ。僕は愛や友情を大事にする人間で、ファイターではない。ジョエル・エンビードを指名するよ。もしジョエルとラッセル・ウェストブルックを指名できるのなら、そうするつもり」

そうコメントしたアデトクンボだが、2人が『犬猿の仲』であることを知らないわけがない。

ウェストブルックとエンビードの間には、対戦するごとに因縁が生まれている。1月19日に対戦した際には、エンビードのハードファウルで吹き飛ばされたウェストブルックが激昂して詰め寄る場面も見られた。その試合後、エンビードは「どうして彼が怒ったのか理解できない。いつだって、彼は感情的だ」と言えば、エンビードとの関係が良好かを聞かれたウェストブルックは「そんなわけないだろ」と即答した。

もし本当にアデトクンボが2人を指名できたとしても、2人の間に連携が生まれるかは分からない。ただ、刺激的な共闘になることだけは確かだ。

オールスタードラフトは、2月7日に行われる。アデトクンボが宣言通りに彼らを指名するかどうか、必見だ。