本日開催のBリーグ『オールスターゲーム』に向け参加選手が抱負、田臥勇太は「アシストにこだわる」

2017/01/15
Bリーグ&国内
206

文=鈴木健一郎 写真=野口岳彦

和やかな雰囲気の中、出場全選手が抱負を発表

各選手がフリップに書いた抱負を順番に語る中、最初に登場したのは『B.BLACK』のキャプテンを務める田臥勇太。「アシストにこだわる」と書いたフリップを掲げつつ、「得点を取れるメンバーが揃っているので、他の4人をコントロールできればいい」と抱負を語る。具体的なアシスト数を質問されると、斜め後ろの川村卓也から「60!」の声をかけられ「バカなことを言ってますけど」と苦笑まじりでツッコみながら「できるだけ多く」と答えた。

その他の選手についても写真とともに紹介したい。

富樫勇樹
「TABUSEさんのアシストでスリーを決める!!」と約束した富樫。アシストにこだわる、という田臥の抱負にピタリ。息の合ったプレーに期待したい。
五十嵐圭
オールスターでも背番号7の五十嵐は「7という数字にこだわる」とのこと。7得点7アシスト7リバウンドの『トリプル・セブン』を狙う?
川村卓也
公式戦では誰よりも強い勝利への意欲を見せる川村も、オールスターでは完全なリラックスモード。「自分が楽しみ、観客を楽しませる」と語った。
田中大貴
「1本でも多くダンクシュートを決める!」と田中。普段はクールだが今回は熱く、1本だけでなくたくさんのダンクに期待したい。
熊谷尚也
日本人ダンカーへの期待をひしひしと感じている熊谷は、「ダンクを狙う」ではなく「ダンクしかしない」と厳しい条件を自らに課した。
鈴木達也
昨年のbjオールスター、ダンクコンテストに『進撃の巨人』に変身して見事ヤフトピを勝ち取った太田敦也にあやかっての公約。三遠の先輩に肩を並べるか。
ライアン・ロシター
多くの選手がダンクを決めてやろうと意気込む中、「フェイダウェイ・ジャンプショットをたくさん決めます」と変化をつけてきたロシター。
張本天傑
「お祭り男」になると意気込む張本。公式戦でいつも見せているアグレッシブ&ダイナミックなプレーをオールスターでも存分に発揮するつもりだが……。
ジャスティン・バーレル
そんな張本を「ぶっ潰す」気合いに満ちていたのがJBだ。「テン(天傑)の上からダンクを叩き込む」と名古屋Dのチームメートに挑戦状を叩きつけた。
ヒルトン・アームストロング
ダンクでオールスターを盛り上げたい選手たちに立ちふさがるのがヒルトン。自身がダンクを狙うだけでなく得意の『ザ・ブロック』を狙う。
安藤誓哉
安藤の抱負は単純明快な「田口を止める」。秋田では得点源にもなっているバックコートコンビの『バチバチ』の対決は今回の見どころの一つだ。
田口成浩
「おいさー!をたくさん言えるよう得点を決めます」と意気込む田口。チームメートの安藤との1on1を制しての「おいさー!」に期待。
比江島慎
『比江島スマイル』とともに約束したのは「会場をわかせるドライブをする」。誰も止められないドライブに期待!
岸本隆一
いつだってガチな男はオールスターでもガチ。華やかな舞台が緩くなりすぎることがないよう、ガチな岸本が試合を引き締める!

もっとうまくなりたいキミへ。
ナイキバスケットボールのLINE@をフォローしよう!

・トーク画面にオールスター出場選手名を入力し、着用NIKEiDシューズのデザインをチェック!
・カイリー3やジョーダンシリーズなど最新シューズの発売情報がいち早く届く
・ナイキアスリート着用のアパレルコレクションなど厳選アイテムを紹介